MEIKAI HOME学部・大学院等大学院

大学院

浦安キャンパス

1998年4月、応用言語学、経済学、不動産学の3研究科が開設された浦安キャンパス。外国語、経済、不動産の3学部に対応し、さらに学びを深める体制を整えました。応用言語学、不動産学の両研究科は、研究科としての設置は日本初となります。

社会に開かれた大学を志向する本学では、学びたい人がいつでも学べる環境作りを推進しています。授業は原則として下の表のように月~金曜日の14時40分~21時10分、土曜日の13時00分~19時30分開講予定です。土曜日、あるいは平日の18時からの講義を設けることで社会人が働きながら学べるよう配慮しています。さらに、研究指導を受けるための特別演習(特別研究)については研究指導教員と院生の話し合いで開講時間を決めるなど、柔軟な教育体制で個々の社会人の勉強事情に対応しています。大学院研究室の情報処理機器についても夜間利用が可能です。
※開講時間帯等については変更することがあります。

開講時間帯(応用言語学、経済学、不動産学研究科共通)
時間\曜日
13:00~14:30
14:40~16:10
16:20~17:50
18:00~19:30
19:40~21:10

坂戸キャンパス

明海大学の前身である城西歯科大学時代から続く歴史を持つ坂戸キャンパス。武蔵野のおもかげを残す落ち着いた環境は歯学研究に絶好の立地です。大学病院など付属施設も充実し、じっくりと研究に取り組むのに最適の環境といえます。

23診療科、60床を擁する附属病院が併設された坂戸キャンパス。臨床の先端情報をフィードバックさせながら研究活動が進められています。分子生物学研究施設を拡充し、また、アイソトープを使ったRI研究施設、レーザーによる細胞分離・観察施設エーカースなど、最新鋭機器も研究活動を支援しています。

学部・大学院等