MEIKAI HOME学部・大学院等大学院 ≫ 歯学研究科

歯学研究科

概要

歯科医療の知識や技術は、日進月歩で専門化が進んでいる。ゆえに21世紀の歯科医師像は、患者の多様な要求に応えるスペシャリストであると同時に、より高いレベルで包括的な医療計画を立て、実践できるジェネラリストが待望されている。こうした時代のニーズに対応するため、本研究科では、2つのコースを設置。コースに即した科目を履修することでスペシャリティを磨き、かつジェネラルな視点を修得できるカリキュラムを組んでいる。なお一般開業医や病院勤務歯科医、歯学分野の研究者および保健医療従事者などの社会人に対し、特定の時間又は時期における授業による単位取得を弾力的に活用して研究を継続させ、博士論文を作成するカリキュラムもある。

本研究科の特色

・専門性を磨くための2コースを設置
・研究系の垣根を取り払った履修・研究システム
・優れた研究を支援するマネーサポート体制

2つの専門コース

■高度口腔臨床科学コース(臨床歯科医学)(文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム(BP)」)
<再生再建医療系>
歯周病学
補綴学
口腔外科学
歯科放射線学
歯科麻酔学
口腔診断学
歯科保存学
高齢者歯科学
摂食嚥下リハビリテーション学
<機能発達医療系>
小児歯科学
歯科矯正学
<健康増進医療系>
口腔衛生学
内科学
障がい者歯科学

■口腔生命科学コース(基礎歯科医学)
<形態系>
解剖学
口腔解剖学
口腔病理学
歯科法医学
<機能系>
口腔生理学
口腔生化学
歯科薬理学
口腔微生物学
<生体材料系>
歯科材料学

研究指導体制

博士課程/4年制 (入学定員18名)

■1年次
・指導教授の決定(4月)
・研究テーマ(主科目・副科目・CE科目等)の決定
・研究に必要な理論・分析方法論等(文献サーベイを中心に学習指導)
・研究テーマ選定に関する指導
・研究フレームワーク作成指導
・CE科目の履修
■2年次
・研究テーマ、フレームワークに応じた研究指導
・研究の進展と成果のチェック
・CE科目の履習
・論文執筆計画(主論文:1編、、副論文1編)の策定と執筆指導
・研究の進展と成果のチェック
・副論文執筆の進展・成果チェック
■3年次
・副論文提出・指導
・中間研究発表会にて発表
・CE科目の履習
・海外での学会発表が可能
・主論文執筆に関する指導・助言
・主論文執筆の進展・成果チェック
■4年次
・主論文第1稿完成
・研究発表会(6~12月)にて発表
・CE科目の履習
・主論文修正・改訂作業に関する指導・助言
・主論文予備審査(10~1月)
・最終的・包括的な指導・助言を経て主論文審査最終試験等の実施(11~2月)
・課程修了の認定(2月)
・博士号授与(3月)

主な研究指導テーマ (2017年度) (予定)

コース 主科目 指導教授 主な研究内容
















再生再建医療系 歯周病学 申 基喆 ○ 低出力パルス超音波の歯周外科治療への応用に関する研究
○ 歯周病患者におけるインプラント治療に関する疫学的研究
○ 歯槽骨骨髄からの間葉系幹細胞分離方法の研究
○ 歯周治療におけるコーヌステレスコープ義歯を用いた口腔機能回復治療に関する疫学的研究
○ インプラント周囲炎の治療に関する研究
○ 抗菌光線力学療法に関する研究
○ バイオセンサーを用いた歯周病診断に関する研究
補綴学 大川 周治 ○ 咀嚼機能に関する定量的解析
○ 味覚機能に関する研究
○ 顎口腔機能再建に関する研究
○ インプラント補綴における基礎的研究
○ 磁性アタッチメントに関する臨床的研究
○ 咬合力が歯周組織に及ぼす細胞学的分析
○ 部分床義歯の支台装置に関する研究
藤澤 政紀 ○ ブラキシズム制御に関する研究
○ ストレスと顎機能の関連
○ 顎機能と全身機能の関連
○ クラウンの形態と支台歯に加わる応力の三次元有限要素法による解析
○ 顎顔面補綴装置のデジタル解析に関する研究
○ 歯冠補綴処置の色調に関する研究
○ インプラント補綴に関する研究
口腔外科学 嶋田 淳 ○ 多血小板血漿の臨床応用
○ β-TCPによる顎骨の再生療法
○ 下顎枝矢状分割法の理論解析
○ インプラントと骨移植
○ 吸入麻酔と口腔粘膜血流量
○ インプラント材料の細胞毒性に関する研究
○ 制癌剤の細胞死誘導のメカニズム
○ ビスフォスフォネート剤による骨壊死のメカニズム
坂下 英明 ○ 唾液腺疾患(特に腫瘍)および歯原性腫瘍の臨床的基礎的研究
○ 効果的個人別口腔癌治療を目指した基礎的ならびに臨床的研究
○ 口腔癌転移へのH2ブロッカーの影響
○ 口腔癌組織におけるアポトーシス研究
○ 実験動物を用いた実験的良性・悪性腫瘍の発生ならびに基礎的研究
○ 顎変形症の研究
歯科放射線学 奥村 泰彦 ○ X線の被曝線量測定
○ 画像解析によるX線画像の特徴量抽出
○ デジタルパノラマ撮影装置の画質評価
○ CAD(コンピュータ支援診断)の研究
○ 音響振動による口腔疾患の解析
○ 新しい検査装置の開発
歯科麻酔学 小長谷 光 ○ Conditioned Pain Modulationについての研究
○ 痛みの修飾についての研究
○ 客観的疼痛評価法についての研究
○ 電子的医療システム開発の研究
○ 周術期管理におけるストレス反応についての研究
口腔診断学 片山 直 ○ 免疫組織化学の粘膜疾患診断への応用
○ 口腔感染症および関連微生物に関する基礎的および臨床学的研究
○ 顎関節疾患の病因病態解明のための顎関節液を用いた臨床診断学的研究
○ コラーゲンペプチドの顎骨に及ぼす影響
○ 口腔乾燥症の基礎的及び臨床的研究
歯科保存学 横瀬 敏志 ○ 手術用顕微鏡を用いたendodontic microsurgeryに関する研究
○ レーザーを用いた骨再生研究
○ 新型根管形成用ファイルの開発と基礎的研究
○ 根管内で破折したNiTiファイルの除去に関する研究
○ 電解機能水を用いた歯内療法学領域における応用と基礎的研究
○ 歯髄細胞の再生と分化に関する研究
高齢者歯科学 竹島  浩 ○ 加齢・老化に関する研究
○ 高齢者の医療・介護・福祉に関わる基礎的・臨床的研究
○ 炎症と骨に関する研究
○ 高齢者におけるインプラント治療に関する研究
○ 画像解析ソフトを使用した顎骨形態の研究
摂食嚥下リハビリテーション学 (兼)大川周治 ○ 乳幼児の摂食嚥下機能発達に関する研究
○ 摂食嚥下障害に対するリハビリテーション効果についての研究
○ 介護予防事業による舌運動機能の改善効果
○ 歯列咬合状態と摂食嚥下機能との関連
○ 口腔保湿剤の性状に関する研究
機能発達医療系 小児歯科学 渡部 茂 ○ Site-specificityと唾液クリアランス
○ 再石灰化に関する研究
○ 口腔環境と唾液
○ 咀嚼能率の評価・咀嚼モデルの確立
○ 食物の物性と咀嚼能率
○ 歯の発生に関する研究
○ 障害児に対する医療対策
歯科矯正学 須田 直人 ○ 先天性疾患や顎変形症に対する新規の診断法と治療法の開発
○ 歯や顎骨に加わった矯正力の生力学的解析
○ 矯正装置の生力学的解析
○ 矯正治療に伴う歯や歯周組織の組織学的・生化学的解析
○ 顎顔面領域に症状を伴う遺伝性疾患に関する分子生物学的解析
健康増進医療系 口腔衛生学 安井 利一 ○ 口腔環境要因に関する研究
○ 咀嚼機能に関する研究
○ スポーツ歯学領域の研究
○ 地域歯科保健医療システムに関する研究
○ 要介護高齢者および障害者に関する研究
○ 学校歯科保健研究
○ 口腔細菌と生体との相互作用の研究
内科学 長谷川彰彦 ○ 冠動脈硬化の進展抑制に関する研究
○ 糖尿病と歯周病との関連に関する研究
○ 温浴が循環動態に及ぼす影響
障がい者歯科学 (兼)安井利一 ○ 障がい者の口腔健康維持に関する研究
○ 障がい者における深鎮静時の気道に関する研究












形態系 解剖学 天野 修 ○ 口腔顎顔面と硬組織における脂肪酸結合蛋白の局在と役割
○ 口腔顎顔面の組織発生を制御する細胞増殖因子の遺伝子発現・局在と役割
○ 唾液腺と顔面筋における増殖分化因子の遺伝子発現と発生・再生における役割
○ 熱ショック蛋白による増殖・分化・細胞死の調節機構
○ 頭顎部の肉眼解剖学的研究
口腔解剖学 羽毛田慈之 ○ 破骨細胞の形成と活性調節機構に関する研究
○ 骨細胞の骨代謝における役割
口腔病理学 草間 薫 ○ 口腔顎顔面領域の腫瘍および腫瘍状病変に関する研究
○ Hard keratin expressing tumorsに関する研究
○ 歯周病と口腔癌に関する研究
歯科法医学 坂  英樹 ○ 顎・顔面領域における年齢推定に関する研究
○ 頭蓋骨からの人種鑑別に関する研究
○ 携帯型歯科用X線撮影装置使用時の防護に関する研究
機能系 口腔生理学 村本 和世 ○ 味覚の生理学的研究
○ 嗅覚の生理学的研究
○ 唾液の分泌機構に関する研究
口腔生化学 友村 明人 ○ 骨・軟骨の代謝調節機構に関する研究
○ 骨格筋細胞の情報伝達機構に関する研究
○ 神経成長とアポートシスを調節する機構に関する研究
歯科薬理学 坂上 宏 ○  口腔偏平上皮癌細胞死の誘導のメカニズム-細胞死のタイプの同定、薬剤耐性、血管新生
阻害に基づく治療法
○ ポリフェノール類の受容体の同定、アンチエイジング効果、免疫細胞活性化機構
○ 唾液老化マーカー及び口内炎マーカーに基づく第三類医薬品の評価
○ 顎運動発現に関与する中枢神経機構の解明
○ 神経因性疼痛と運動調節に関する研究
○ 血管内皮細胞の機能に対する薬物の影響
口腔微生物学 大森 喜弘 ○ 生体防御、免疫応答に関係する遺伝子の発現制御機構
○ 口腔癌細胞における免疫監視機構からの回避のメカニズム
○ 腫瘍微少環境が癌細胞の遺伝子発現に及ぼす影響
生体材料系 歯科材料学 中嶌 裕 ○ 修復・補綴材料の耐久性に影響する材料科学的要因の解析
○ 歯科インプラント用セメントの開発
○ 歯科材料・生体材料の物性に及ぼす臨床技術的要因の解析

注:担当教員は変更となる場合があります。

学部・大学院等