MEIKAI HOME学部・大学院等学部・学科 ≫ グローバル・マネジメント メジャー(GMM)

グローバル・マネジメント メジャー(GMM)

これからのホスピタリティ・ツーリズム産業を牽引するリーダーに求められる知識やマネジメントスキルを、「国際教養とコミュニケーション」「リーダーシップ」「ホスピタリティ・マインド」を軸として身につけ、ホスピタリティ・ツーリズム産業を中心に国際社会で広く活躍できるリーダーの育成に取り組んでいきます。

資格

TOEFL(iBT)®、IELTS

グローバル・マネジメント メジャーではTOEFL(iBT)®(Test of English as a Foreign Language)あるいはIELTS(International English Language Testing System)のスコアを進級要件として定めており、TOEFL(iBT)®では2年次進級に60点、3年次進級に80点、IELTSでは2年次進級に5.0、3年次進級に6.0の取得が求められます。海外留学を経験し、将来、国際社会でリーダーシップを発揮することを想定した目標設定となっています。

留学システム


求める人物像

・国際感覚を持ち、ホスピタリティ・マインドと高いコミュニケーション能力が要求される産業や国内外領域においてリーダーとして活躍するための基本的能力を有し、論理的思考や問題発見への習熟に取り組む意思のある人
・ホスピタリティ・マインド、語学力と多文化理解力が求められる産業分野を中心としたさまざまな社会領域において、リーダーとして貢献していくことを強くめざす人
・基本的な英語運用能力を有し、入学後もその能力の応用と活用に向けて、努力し続ける向上心のある人(CEFR B2レベル以上を取得していることが望ましい)

カリキュラム

1年次にTOEFL(iBT)®を主体とした英語教育と専門領域に関連した教養教育を学修し、海外大学のホスピタリティ・ツーリズム関連学部への留学の準備を行い、2~3年次で1年間の留学を経験することで、これからのホスピタリティ・ツーリズム業界のリーダーに求められる多様性の受容とコミュニケーション能力を養う。

ホスピタリティ・ツーリズム学を基礎としたマネジメントに関する専門科目群の大半を必修とし、目的進路に応じた専門科目群の履修、演習による実践を通じて、幅広く体系的にマネジメントに必要な知識と行動様式を修得する。

ピックアップ科目

ホスピタリティ・ツーリズム学Ⅰ・Ⅱ

日本のホスピタリティ・ツーリズム産業の現状や将来のあり方について、産業全般に携わる企業や人の横断的な相互作用を中心に、理論と実践の両方の 視点から学びます。

マネジメント総論

学部での「実践的な学び」をより有効なものとするために、「会社」の経営や組織での考え方や動き方の基礎を幅広く、体系的に学びます。

国際ビジネス関係論

グローバル化が不可避なビジネス環境を生き抜くために、国際ビジネスに関する諸問題を実践的に考えることを通じて、将来に活用できる視点や視野を 養います。

ホスピタリティ・ツーリズム実践演習B(地域研究)

講義で学んだ知識をもとに、特定の地域を対象とした調査から実行までの具体的な地域振興・地域創生を実践することで、より深い知識を体得します。

学部・大学院等