MEIKAI HOME学部・大学院等学部・学科 ≫ ホスピタリティ・ツーリズム メジャー(HTM)

ホスピタリティ・ツーリズム メジャー(HTM)

徹底した実践教育により、ホテル、エアライン、旅行、ブライダルなど、ホスピタリティ・ツーリズム業界の現場で幅広く活躍できる人材を育成します。

在学生インタビュー


資格

TOEIC®

ホスピタリティ・ツーリズム業界では、企業の採用試験や入社後の昇進の際にTOEIC®(Test of English for International Communication)の一定スコアを条件として課すケースが増えています。TOEIC®は、世界共通の英語コミュニケーション能力を測定するテストで、ホスピタリティ・ツーリズム学科では将来の進路を想定して試験対策に力を入れさらに進級条件としても一定のスコアを課しています(1年次=500点、2年次=600点)。大半の学生が10か月間で100点以上スコアを伸ばしています。

研修

主な研修先
研修先 期間 人数 プログラム内容など
IDEA ENGLISH ACADEMY CEBU(フィリピン・セブ島)※JTB主催 21日間 20~30人 TOEIC®スコアの向上を目的に「リスニング(聞く)」、「リーディング(読む)」と「グラマー(文法)」を少人数制で徹底的に勉強します。週末には学校主催の各種アクティビティもあり。
ビクトリア大学(オーストラリア)※JTB主催 23日間 20~30人 実用的な語学研修と実践的な観光学習(JTBオーストラリア提供)を行うプログラム。ホームステイで現地の家庭生活や異文化も体験する。
ハワイ大学(アメリカ)(2015年度実績)※学部主催 20日間 10人 観光関係の学部正規授業を受講し、施設見学、歴史探究を行う。また、ハワイ観光事業の実践に触れる。(学業成績優秀者を選考)

カリキュラム

【ホスピタリティ・ツーリズム産業海外研修A・B】

中江 菊花 さん 3年(茨城県立土浦湖北高等学校出身) 
研修先:アメリカ・ハワイ Outrigger Reef Waikiki Beach Resort


2年次の5月から9月まで、ハワイのホテルで海外インターンシップを経験。留学と就業体験の両方にチャレンジしたいと思っていた私にとって、これほど貴重な機会はありませんでした。最初は英語が分からず苦労もありましたが、語学力は飛躍的に向上し、お客様から感謝される喜びも感じることができました。

ピックアップ科目

サービスコミュニケーション実習Ⅰ

ホスピタリティ産業で求められる「感じの良さ」を生む動作、表情、言葉遣い、態度などを身につけます。ロールプレイ、グループワークなどを通じて、一般社会人に必要なソーシャルスキルとプレゼンテーション能力を修得します。

エアラインビジネス論

日本や世界のエアライン業界の現状を分かりやすく解説します。また、LCCと呼ばれる格安航空会社の台頭が、これからの日本の航空会社の経営にどのような影響を及ぼすのかについても検証します。

ホスピタリティ・ツーリズム産業研究B

コンシェルジュを専門とした講義。世界中にネットワークを持つコンシェルジュの国際的組織「レ・クレドールインターナショナル」の日本代表を歴任した阿部佳教授による「おもてなし」とは何かを実体験から探る授業です。

プレゼミナールⅡ

3・4年次につながる予備的学修や、就職活動に向けた基礎学力を身につけることが目標です。レストランマナー研修やホスピタリティ業界で活躍する卒業生などを招いた講演など、実践的な内容が盛り込まれています。

学部・大学院等