MEIKAI HOME学部・大学院等学部・学科 ≫ 外国語学部中国語学科

外国語学部中国語学科


ますますグローバル化する国際社会で活躍できる人材の育成が、大学ひいては日本全体の急務となっています。
世界で第2 位のGDP を誇る中国、そして急成長してきたASEAN を視野に入れる時、アジアが21 世紀の主役の1 つとなります。
中国語学科では、コミュニケーションを重視した週8コマの少人数クラスの中国語の授業のほか、教養と実践力を磨くさまざまな授業により、中国語を話し、さらに社会や文化を理解し、中国に精通した、国際的に活躍できる人材の育成をめざします。

中国語学科の特色

1 目的に応じた専攻

中国語学科は、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と中国語専攻(CLM)に分かれており、GSMでは中国語、英語を修得し、ビジネスや会計に関する知識も深めます。CLMでは中国語を修得し、さらに文化、歴史、社会など中国に精通した人材や中学校、高等学校の中国語科教員育成をめざします。

2 4年間一貫少人数必修ゼミ

教員と学生の距離が近いきめ細やかな指導を行う少人数教育を重視。1年次の「フレッシュパーソンセミナー」、2年次の「課題探求セミナー」、3年次の「専門領域研究講座」、4年次の「卒業研究」と4年間一貫の必修ゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にバックアップします。

3 特徴ある進級要件

3年次に進級する要件として、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)では漢語水平考試(以下、HSK)4級又は中国語検定4級程度、中国語専攻(CLM)では、HSK5級又は中国語検定3級程度の中国語運用能力が求められます。

4 ゼロからのスタートでも着実にステップアップ

中国語初心者のクラス、既修者のクラス、中国語環境で育った人のクラス※があり、それぞれに適した授業が行われています。少人数制で会話中心の授業により、実践的な中国語力が身につきます。また、中国語能力の向上と中国文化の理解を深めるために、中国語圏各地でのさまざまな実地研修があります。
※十分な日本語力が必要です。

カリキュラム


ピックアップ科目

ASEAN研究

新たなビジネスマーケットとして注目されている東南アジア諸国の文化・社会・経
済・ビジネスなどを幅広く学びます。国際社会で起きているさまざまな出来事をリアルタイムに理解するグローバルな知識が身につきます。

日中通訳基礎演習Ⅰ・Ⅱ

通訳の基本的な技能をレベルアップさせる授業です。速読とシャドーイング※、初歩的な同時通訳の練習によって、通訳に必要な反応の早さ、スムーズな言語転換と訳出の基礎的技能を身につけます。
※シャドーイングとは、ネイティブの人が読んだ中国語を聞きながら、その文章をそのまま復唱する学習方法。

中国経済Ⅰ・Ⅱ

中国経済の特徴をさまざまな側面から詳しく学んでいきます。中国経済の工業、農業、労働問題を中心に、金融、環境、所得格差などのトピックスについて扱います。中国に関わる経済問題を具体的に論じることのできる力を身につけます。

中国語圏実地研修

夏季休暇中の約1か月を利用して、北京師範大学にて中国語を学習します。コミュニケーション能力を養いつつ、現地の生活を通じて商業、交通、観光などの実際を体験することで、中国社会の現状を学びます。

教員メッセージ

言葉だけでなく中国そのものを
学ぶことが新たな扉を開く鍵になる

河村 昌子 教授


グローバル化した日本社会では「中国語ができる」人材が多方面で求められています。「中国語ができる」といっても、単に文法や単語を習得しているだけでは十分ではありません。中国の思想・文化・歴史・社会全般を広く深く学び、中国という国そのものを理解した人こそ、今最も必要とされています。中国語学科では、それぞれ専門的な立場から中国を知る教員が揃い、それを皆さんにお伝えしています。日本の第一線で活躍する現役の通訳者も専任教員として在籍しているため、高いレベルでの語学力向上も可能です。卒業生は中国語を強みとして幅広い業界で夢や目標を見つけ、実現しています。好奇心や未知のものを楽しむ心を持つ人に、ぜひ新しい扉を開ける気持ちでチャレンジしてもらいたいですね。

資格

漢語水平考試(HSK)

漢語水平考試(HSK)は、中国政府教育部の認定する中国語検定試験で、世界中で中国語能力の公的な証明として利用できます。難易度は1級(初級レベル)~6級(上級レベル)まで6つの段階に分かれ、近年多くの企業で昇進や採用に活用されています。

中学校教諭一種免許状(中国語)
高等学校教諭一種免許状(中国語)

中国語学科中国語専攻は教職課程を設置しており、所定の単位を修得することにより中学校および高等学校の中国語の教員免許状を取得することができます。教職課程の履修、教育実習、教員採用試験など、教職に関するさまざまな課題は、教職課程センターが一人ひとり丁寧にサポートします。

留学

留学先:中国・北京 北京師範大学

自分の意見を「伝える」大切さを知る
海外への挑戦は、新たな自分の発見ばかりです


入学前から留学制度に興味を持っていたのですが、1年生で台湾への奨学研修、2年生の夏には北京での短期留学を経験したことで、「さらに長い期間、本格的な留学経験で自分を試したい」という気持ちが強くなりました。約1年間を過ごした北京師範大学での授業はすべて中国語。毎日の課題も多く大変でしたが、他国の学生と協力して取り組むことで少しずつ力がついていきました。他国の学生たちは政治や経済にも幅広く意見を持っていて、ただ語学力を身につけるだけでなく、私自身の意見を伝える大切さも知ることができました。大学卒業後、さらなる成長のために再び海外へ留学する予定です。

野沢 実穂 さん
外国語学部 中国語学科 2019年3月卒業(船橋市立 船橋高等学校 出身)

主な留学・研修先(2018年度実績)
研修・留学先 期間 人数 費用概算( )内は自己負担額概算
北京師範大学(北京) 22日間 5人 26万円(14万円)
1年間 2人 127万円(55万円)★
復旦大学(上海) 1年間 3人 117万円(45万円)★
浙江大学(杭州) 1年間 2人 94万円(28万円)★
東呉大学(台湾) 8日間 8人 21万円(全額大学負坦)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。★学外の奨学金を受給した場合の自己負担額です。
※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。 
※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金および現地での生活費が必要となります。また、留学・研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

進路

就職先:中国国際航空

中国語を学んだことで将来の選択肢が広がり、
自分の「やってみたい」を実現することができました


高校生の時からエアライン業界・ホテル業界に興味を持っていたので、将来必要とされるスキルとして中国語を学ぼうと思い、明海大学へ入学しました。在学中は中国への長期留学も果たし、中国という国の文化・人々の魅力に触れ、「将来は中国語を使って働きたい」と自然と考えるように。中国国際航空の面接試験はすべて中国語で、自分の意見をストレートに問われる場面も多くありましたが、落ち着いて素直に自分らしく答えることを心がけました。中国語は世界的に必要とされる語学の1つです。修得することで将来の新たな道が広がり、きっと人生の大きな財産になると思います。

戸澤 美桜 さん
外国語学部 中国語学科 2019年3月卒業(千葉県立 市川昴高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]

アースサポート、アイ・ティー・エックス、阿蘇ファームランド、アパホテル、IDOM、ウエルシア薬局、エアアジア・ジャパン、SMBC日興証券、恵那科立維教育信息諮詢、エヌ・アンド・アイ・システムズ、NAAリテイリング、オーケー、オンデーズ、勝浦ホテル三日月、カトープレジャーグループ、カネボウ化粧品、北関東マツダ、教映社、共立メンテナンス、金鳳堂、くすりの福太郎、栗林歯科医院、桂新堂、光昭、コーセー化粧品販売、国際自動車(kmグループ)、ザ・ギンザ、サマンサタバサジャパンリミテッド、三通国際商事、ジェイ・エス・エス、住友不動産販売、第一生命保険、千葉県警察本部、テイクアンドギヴ・ニーズ、東京エアポートレストラン、東京フード、東横イン、日本KFCホールディングス、白山印刷、八芳園、パル、ビッグホリデー、マックスバリュ関東、ミニミニ、ヤマト運輸、ユナイテッドアローズ、ヨドバシカメラ、ラオックス、陸上自衛隊、ルイ・ヴィトンジャパン

教員リスト

■教授
・河村昌子(中国近現代文学)
・高田 誠(中国経済・社会)
・遊佐 昇(中国文化・思想)
・劉 勲寧(中国語学、中国語教育学)

■准教授
・神崎 龍志(通訳)

■講師
・石井 理(中国古典文学)
・小川 唯(中国近現代史)
・佐藤 賢(中国現代文化・思想)

■特任講師
・馬 新宇(中国語教育学)

[教職課程担当教員]
■教授
・石鍋 浩(教員養成・教職課程)
・大池公紀(教員養成・教職課程)
・木内和夫(教員養成・教職課程)
・坂本純一(教員養成・教職課程)
・高野敬三(教員養成・教職課程)

■准教授
・金子義隆(英語科教育)
・樋口倫子(教育心理学)
・百瀬美帆(英語科教育)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

学部・大学院等