MEIKAI HOME学部・大学院等学部・学科 ≫ 外国語学部英米語学科

外国語学部英米語学科


英語による実践的なコミュニケーション能力の修得とその能力の基盤となる文化的背景の理解―。これが、英米語学科の基本的な教育目標です。さらに、グローバル社会の進展を見据え、多言語能力(英語+中国語)と国際教養(諸外国の文化・社会・ビジネスに関する基礎知識)の涵養もめざします。これらの目標を達成するため、英米語学科では、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と英米語専攻(ELM)という2専攻を設け、学生それぞれの将来の希望や資質を踏まえた高度な専門教育を提供し、卒業後の進路の実現をめざします。

英米語学科主任メッセージ

津留﨑毅 教授

外国語学部の学生は、2年次から「語学専攻」もしくは「グローバル・スタディーズ専攻」(Global Studies Major, GSM)に分かれて学んでいくことになります。英米語学科における「語学専攻」の正式名称は「英米語専攻」(English Language Major, ELM)です。
ELMは、英米語学科の長年の英語教育の流れを引き継ぐとともに、第2外国語としての中国語(留学生は日本語)と新設の「グローバル・スタディーズ関連科目」(選択必修)を履修することによって、グローバル化していく社会にあっても活躍し得る有為な人材の育成を目指す専攻です。学生は、グローバル社会で活躍するために必要とされる知識やスキルを身につけつつ、「英語のプロ」として、例えば通訳や翻訳に必要なスキルを身につけたり、中・高英語教員の免許を取得したり、他大学であれば「英米文学科」「英語文化学科」「言語学科」「国際教養学科」「英語コミュニケーション学科」「文化史学科」などが扱う専門分野について深く学んだりすることができます。大学院進学も射程に入ってくるでしょう。GSMの特色については「GSM特設ページ」をご覧下さい。
英米語学科で、事実上の国際共通語「英語」とビジネスの世界でますますその重要度を高めている「中国語」の実践的スキルに加えて、ことばや文化やビジネスに関する専門知識を身につけて、自分の夢の実現を目指して下さい。

英米語学科の特色

1 英語技能と多言語能力を高めるILP

1・2年次の必修英語プログラム(週6コマのレベル別英語クラス)と第2外国語としての中国語※(4科目必修)からなるILP(Intensive Language Program)により、グローバル社会で要求される多言語能力を高めます。
※外国人留学生は日本語

2 海外留学・研修制度

英米語学科では、長期・短期を含むさまざまな留学・研修制度を整えており、希望者のためのガイダンスやTOEFL® 対策なども充実しています。GSMでは、海外留学、海外研修、国内外インターンシップ、国内外ボランティアのいずれかが必須です。

3 学科独自の就職サポート

企業の第一線で働く社会人による講演会、人気業種へ就職した卒業生との懇談会や相談会、マナー講座やメイク講習会など、就職に直結した学科独自の就職支援活動を行っています。

特徴ある進級要件

英米語学科では、グローバル社会での活躍を目的として、グローバル・スタディーズ専攻及び英米語専攻とも、3年次進級時に英検準1級程度の英語力※が求められます。レベル別の実践的授業を必修科目として用意しているため、高い成果を挙げることができます。
※TOEFL(iBT)®、TOEIC®、その他スコアを参考にする場合があります。

カリキュラム


ピックアップ科目

Integrated EnglishⅠ~Ⅳ

ILP(Intensive Language Program)英語科目群の中核となる1・2年次の必修科目です。少人数かつ週2回の授業で、身近なテーマを中心にネイティブの教員による英語を正確に理解し、さらに英語で表現・対話する力を身につけます。

北アメリカ研究

北アメリカにおける文化・社会・経済・ビジネスなどを幅広く学ぶことで、国際社会で起きているさまざまな出来事をリアルタイムに理解するグローバルな知識を身につけます。

Advanced Business English

ビジネスに関する英語文献を教材に用い、ビジネスで役立つ基本スキルである英文読解力、英語語彙力、要約力、専門知識の向上をめざします。TOEIC®対策として、ビジネス単語と背景知識の強化にも役立ちます。

コミュニケーション特講Ⅰ~Ⅲ

対人コミュニケーションに重要な役割を持つ“非言語メッセージ”について学際的にアプローチ。動作、視線、顔の表情、周辺言語、沈黙、身体接触、対人距離、時間、色彩など各研究領域の具体例を考察し、理解を深めます。

教員メッセージ

世界のどこに行っても通用する国際教養を身につけて、社会で活躍してほしい
小林 裕子 教授

言語、宗教、文化が異なる人々との関わりが増える中で、世界のどこにいても自分の力を活かせる“グローバル人材”が求められています。それには言語の修得や異文化への理解に加えて、社会に対して問題意識を持ち、その問題を解決できる能力が必要。本学科での4年間を通して、英語運用能力の向上をめざすことはもちろん、世界の情勢や日本社会の問題にも目を向け、問題発見・解決能力や正義感、倫理観を備えた真の国際人になってほしいと願っています。留学やTOEIC®のフォロー、ネイティブ教員による講義など、皆さんのやる気に応えるプログラムも揃っており、教員陣もサポートは惜しみません。ぜひ勇気を持って挑戦し、自信をつけて社会へ羽ばたいていってください。

在学生インタビュー

海外に行きやすい環境が明海大学の魅力。多くの価値観に触れることが成長につながります
中村 翔太 さん 3年(千葉県立松戸馬橋高等学校出身)

もともと海外に対する関心が高かったため、国際的な人材育成に取り組む明海大学が自分に合っていると思い志望しました。これまでにアメリカとイギリス、2回の短期留学を体験しましたが、その度に自分の視野が大きく広がるのを実感するとともに、改めて現地で実際に行うコミュニケーションの大切さに気づきました。また、海外に出て初めて日本の豊かさが分かり、日本と海外の違いや日本の良さも意識するように。現在は世界情勢に興味があり、英字新聞やTEDトークなどを使い理解を深めています。これからも英語力向上と国際理解に努め、将来的には日本の良さを海外に向けて発信できる仕事に就きたいと思っています。明海大学は、経済的支援をはじめ留学に対するサポートが充実しており、英語を学び海外で活躍したいと思っている人にはとても良い環境。少しでも海外に興味のある人は、積極的に海外に行き、さまざまな人とコミュニケーションを取ることで、自分の幅を広げていってもらえたらと思います。

資格・留学・進路

資格

TOEIC®

現在、国際社会で活躍するための目安として広く知られているのがTOEIC®です。TOEIC®は英語コミュニケーション能力を測定するテストで、高得点を取得していると、特に英語力が問われる業種・業界への就職に有利になります。中には、企業の応募条件として掲げられる場合もあります。英米語学科では卒業までに800点を取得することを目標に、1・2年次の授業科目として「Preparation for TOEIC」というTOEIC®対策の授業を開講。ネイティブスピーカーによる授業や留学制度なども積極的に活用して、高得点をめざしましょう。

取得可能な教員免許状

中学校・高等学校教諭一種(英語)

教職課程を履修し、所定の科目および教育実習等を修めることにより、中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)を取得することができます。
少人数の演習形式で学ぶ指導理論や指導技術を中心に、第二言語習得理論から言語テストの作成まで、幅広い分野を扱います。そして中高の現職教員による英語教授法セミナー、名誉教授による模擬授業合宿、卒業生による教育実習事前相談会を通して実践力を高めます。教員として活躍する卒業生とのネットワークや教員採用試験のための指導など、就職支援も充実しています。

卒業生の声 成田市立成田中学校
溝口真未さん(2010年3月卒業)銚子市立銚子高等学校出身

私は在学中に2 度の留学に挑戦をしました。英語科の教育現場で用いる“ Classroom English ”( 授業をすべて英語で行う方法)のために語学力を高めたいと考えたからです。最初は2 年次にイギリスへ短期研修に、4 年次には10か月間のオーストラリア交換留学に参加。現地の大学生と同じ授業を受け、小学校で日本語を教える教育実習も経験しました。異文化に身を置くことで、考えが異なる人との付き合い方、自分を強く持つことなど、語学以外にも学ぶことが多かったです。大学からは留学費用の一部免除のほか、教員採用試験に向けて多くの支援がありました。私の世界を広げてくれた英語を、中学生にも好きになってもらえるよう、日々奮闘しています。

留学

英米語学科には、大きく分けて2つの留学制度があります。9ヶ月の長期留学を行う「海外留学」と、夏あるいは春休みの時期に3週間から4週間の集中英語研修を受ける「海外研修」という制度です。
長期の「海外留学」には、(1)交換留学と、(2)協定校留学があります。(1)は本学と交換留学協定を締結している海外の大学との間で、留学生を相互に派遣、受け入れをする制度で、2015年度現在、セントラルフロリダ大学(アメリカ)とシーキューユニバーシティ(オーストリア)の2カ国2大学への留学が可能です。これに対して、(2)は本学と学術交流協定を締結している大学に、留学生を派遣する制度で、2015年度現在、アルバータ大学(カナダ)とレディング大学(イギリス)への2カ国2大学への留学が可能です。これらの長期の「海外留学」では、留学先で修得した単位は、40単位を超えない範囲で認定されます。
また、短期の英語研修(「海外研修」)にも2つのタイプがあります。1つは、成績優秀者に対して、費用を大学が全額負担する(1)「奨学海外研修」で、研修先はカリフォルニア大学ロスアンゼルス校:UCLA(アメリア)です。また(2)「派遣留学」として、カンタベリークライストチャーチ大学研修(イギリス)とセントラルフロリダ大学研修(アメリカ)が、2015年度現在予定されています。いずれの研修も単位認定の対象となっています。

主な留学・研修先(2015年度実績)
研修・留学先 期間 人数 費用概算 ( )内は自己負担額概算
カンタベリークライストチャーチ大学(イギリス) 23日間 9人 55万円(38万円)
アルバータ大学(カナダ) 9ヶ月 3人 184万円(144万円)
UCLA(アメリカ) 22日間 9人 62万円(全額大学負担)
セントラルフロリダ大学(アメリカ) 30日間 9人 53万円(36万円)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。 ※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。
※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、留学・研修先の航空運賃、為替相場等によって変動します。

留学体験記 留学先:アメリカ・UCLA
原 菜摘 さん 4年
(私立文理開成高等学校出身)


入学時から目標だった、成績上位者が費用全額大学負担で参加できるUCLAでの語学研修。
初めての海外でしたが、手厚いサポートのおかげで安心して過ごすことができました。
海外の人と英語で通じ合える喜びを再認識するとともに、コミュニケーションが求められる授業を通して、実践的な英語力と積極性が身についたと思います。

進路

運輸やサービスといった語学能力を発揮できる業種で働く卒業生が多い。中でも、航空会社、旅行会社など、海外と日本の橋渡しをする企業で働く卒業生が多いのが特徴。

【主な就職先】※過年度実績(5か年)※50音順
青山商事、旭市教育委員会、As-meエステール、アニエスベーサンライズ、エイチ・アイ・エス、ANA成田エアポートサービス、エキスポインターナショナル、江崎グリコ、岡三証券、花王カスタマーマーケティング、京都きもの友禅、空港ターミナルサービス、ケイト・スペードジャパン、コストコホールセールジャパン、ジーユー、JR東日本、JTB首都圏、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、スカイマーク、スターツグループ、スターフライヤー、積水ハウス、全日本空輸、ソフトバンクモバイル、第一生命保険、タマホーム、タリーズコーヒージャパン、千葉トヨペット、千葉マツダ、東京国税局、東京地下鉄、東武トラベル、東武百貨店、トミーヒルフィガージャパン、日本郵政グループ、日本空港給油、日本航空、日本コンベンションサービス、野村貿易、ビックカメラ、船橋市教育委員会、ブライダルプロデュース、プリンスホテル、星野リゾート、ホテルオークラ東京ベイ、みずほフィナンシャルグループ、ユナイテッドアローズ、ユニクロ、横浜ロイヤルパークホテル、リゾートトラスト、臨海、ロクシタンジャポン

就職活動体験記 就職先:株式会社JTBビジネスネットワーク
惠木 晶輝 さん 2016年3月卒業
(茨城県立藤代高等学校出身)


学生一人ひとりに対して担当がつき、就職活動のサポートをしてくれる「就活コーチ」。
エントリーシートをチェックしてもらったり、就活に関する悩みや疑問などさまざまな相談にのっていただいたりと、その存在に大いに支えられました。
ゼミで培った、自分の考えを述べる力も就活に役立ったと思います。


教員リスト

  • Jesse Glass, Jr.教授
    アメリカ文学
  • 大津由紀雄教授
    言語心理学、言語学
  • 河原伸一教授
    産業翻訳論、国際関係論
  • 小林裕子教授
    通訳研究
  • 高田智子教授
    英語教育学
  • 津留﨑毅教授
    英語学、言語学
  • Keiko Nakamura准教授
    言語心理学
  • 金子義隆准教授
    英語教育学
  • 川成美香准教授
    社会言語学
  • 嶋田珠巳准教授
    英語学、言語学
  • 瀧田健介准教授
    理論言語学
  • 原 和也准教授
    異文化コミュニケーション
  • 松井順子准教授
    英語音声学、言語学
  • 藤田智子講師
    社会学
  • 大池公紀教授
    教員養成・教職課程
  • 高野敬三教授
    教員養成・教職課程
  • 樋口倫子准教授
    教育心理学

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

英米ジャーナル

英米語学科の活動報告誌「英米ジャーナル」では、ゼミ紹介や海外英語研修、インターンシップ、国内・海外ボランティア、暗唱・スピーチコンテスト、就職活動等について、学生が自らの活動体験を綴っています。また、社会で活躍する卒業生からの寄稿も充実しています。

学部・大学院等