MEIKAI HOME学部・大学院等学部・学科 ≫ 外国語学部日本語学科

外国語学部日本語学科

日本を学び、世界を知る。そして、社会へ――。
日本を取り巻く言語環境は多様化の一途をたどり、多言語社会を形成しつつあります。
それに伴って、社会の人材ニーズも変容しています。
日本語学科では、生きる力の基盤となる教養力と、日本語・英語・中国語の運用能力を身につけること、日本語と日本文化に精通すること、周辺諸国の言語・文化・社会を理解することに力点を置いています。
グローバル・スタディーズ専攻(GSM)では、外国語とビジネス関連の科目を中心に学修します。
日本語専攻(JLM)では、日本語教育と国語教育を中心に学修し、日本語と日本文化を深く探究します。

日本語学科の特色

1 目的に応じた専攻

日本語学科は、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と日本語専攻(JLM)に分かれており、GSMでは日本語、英語、中国語を身につけ、日本および周辺諸国の文化・経済を幅広く学びます。また、JLMでは日本語教育の理論的な学修と国内外での日本語教育実習を経て、日本語と日本文化を教える日本語教員、近年急増している外国籍の生徒の指導にも対応できる国語科教員を育成します。

2 4年間一貫少人数必修ゼミ

「教員と学生の距離が近い」という学科の特性を活かし、きめ細やかな指導を重視。1年次の「フレッシュパーソンセミナー」、2年次の「課題探求セミナー」、3年次の「専門領域研究講座」、4年次の「卒業研究」と4年間一貫の必修ゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にバックアップします。

3 特徴ある進級要件

3年次進級時に日本語検定3級程度に相当する日本語運用能力が求められます。単に運用能力を身につけるだけでなく、日々変化する日本語の姿を把握しつつ、教育やビジネスに活かすことが目的です。

4 海外留学、海外研修、インターンシップ、ボランティア活動

GSMでは、海外留学、海外研修、国内外でのインターンシップやボランティア活動のいずれかが必須です。異文化理解を実体験し、グローバル社会を生き抜く力を養います。

カリキュラム


ピックアップ科目

日本語学概論

この講義では音韻、文字・表記、語彙・意味、方言、待遇表現というテーマを中心に、言語理論や歴史的変遷、他言語との比較といった視点も交えながら、日本語を観察・分析します。

日本語教授法

日本語教員の資質・能力を理解し、さまざまな教育理念と実践についての知識を得て、目的・対象別の日本語教育法を行うための教授法を学びます。外国語学習として日本語を分解し、教える力を養います。

日本語教育概論

外国語としての日本語の存在とその教育方法論を学びます。特に、日本語教員になる
ための基礎的な資質や能力を養い、教育理念はもちろん実践的な知識と能力の獲得を
めざします。

東アジア研究

東アジアの地域研究という視点から、地理、歴史、政治、経済、文化(人種、言語、宗教)を学び、グローバルな人的接触、文化的接触に柔軟に対応ができるような幅広い価値観、視野を養います。

教員メッセージ

言葉の力は「生きぬく力」
一生使えるスキルを身につけて
思考力・追求力を持った人をめざします

田鍋 桂子 准教授


日本語学科では、適切で豊かな日本語の修得をめざすとともに、日本語を取り巻く社会や文化を学びます。日本に住む外国人も増えていく中で、日本語と日本文化を教える日本語教員や、外国籍の生徒にも対応できる国語科教員は特に必要とされています。「日本語を教える」ということは、生活に密着したこと、日本の文化や習慣も伝えなくてはなりません。言語の1つである日本語を客観的に見つめ、深く追求することは、日本語という私たちの「容れもの」を大きくしていくと同時に、自分自身を規定する文化を俯瞰的に見る目を養えるでしょう。言葉の力は「生きぬく力」ともいえ、一生磨き続けられるスキルでもあります。これから自分を試したい学生、失敗を恐れずに前に進みたい方はぜひともに学びましょう。

資格

日本語教育能力検定試験

日本語教員になるために必要な知識・能力が基礎的水準に達しているかどうかを検定する試験が日本語教育能力検定試験です。日本語学校などへの就職に有利といわれ、合格率20%台という難関資格の1つです。日本語学科では、「日本語教授法」などの授業をはじめ、受験指導に力を入れる検定試験対策授業を開講し、年2回の模擬試験を独自に実施。将来、日本語教員をめざす人は在学中に検定試験に挑戦しましょう。

中学校教諭一種免許状(国語)
高等学校教諭一種免許状(国語)

日本語学科日本語専攻は教職課程を設置しており、所定の単位を修得することにより中学校および高等学校の国語の教員免許状を取得することができます。教職課程の履修、教育実習、教員採用試験など、教職に関するさまざまな課題は、教職課程センターが一人ひとり丁寧にサポートします。

留学

留学先:オーストラリア シャフストン・インターナショナル・カレッジ

留学で得られた「挑戦する勇気」
自分で壁をつくらず、一歩踏み出して


まさか自分に海外研修のチャンスがあるとは思わず、先生からお声かけを頂いてすぐに参加を決意しました。自分の英語が通用するか不安もありましたが、事前にホストファミリーとメールでやりとりをして、生活の準備や現地の様子を聞けたので安心できました。留学中、日記を毎日書いてホストマザーに見てもらったのですが、それをきっかけに会話も弾み、英語でのコミュニケーションにも少し自信がつきました。明海大学の留学制度は経済的サポートも大きく、学生にチャンスを与えてくれます。やりたいことに何でもチャレンジできる環境なので、後輩の皆さんにもぜひ挑戦してもらいたいです。

竹下 恵莉華 さん
外国語学部 日本語学科 2019年3月卒業(私立浦和学院高等学校 出身)

主な海外研修先(2018年度実績)
研修・留学先 期間 人数 費用概算 ( )内は自己負担額概算
ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア) 16日間 2人 51万円(全額大学負担)

※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

進路


就職先:株式会社 星野リゾート・マネジメント

企業を知ることが自分の将来を決める
向上心と努力で活躍していきたい


就職活動で決めていたのは「人と関わる仕事」をめざすことです。国内外で観光業が注目される今、ホテル業界の仕事はお客様と関わる時間が長く、密接なコミュニケーションが求められます。ずっとサッカー一筋で過ごしてきた自分にとって、チームワークが重視される環境や身体を動かすことにも興味があったので、就職活動もホテル業界に絞って調べるようになりました。内定先の企業は社員一人ひとりの個性を大事にする社風で、キャリアステップも「自分の進路は自分で決める」方針。向上心を持って仕事に取り組み、お客様の期待を上回る感動を提供することがまずは目標です。

磯田 柊二 さん
外国語学部 日本語学科 2019年3月卒業(私立修徳高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]
国語科教員・日本語教員

我孫子二階堂高等学校、石岡市教育委員会、千葉県教育委員会、国士舘高等学校、岩谷学園テクノビジネス横浜保育専門学校、上野法律学園上野法科ビジネス専門学校、OLJランゲージアカデミー、帝京長岡高等学校、東京外語学園日本語学校、東方国際学院、新田高等学校、ヒューマンアカデミー日本語学校、教育庁北総教育事務所、立志舎高等学校

その他民間企業等

アースサポート、アーネストワン、アズノゥアズ、アドバンス、アニヴェルセル、ALSOK常駐警備、イオンフォレスト、イオンペット、石原金属化工、伊丹産業、ANA FESTA、ABC Cooking Studio、エービーシー・マート、NAAリテイリング、オンワード樫山、カインズ、鹿島都市開発、カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント、旭興、きらやか銀行、銀座アスター食品、くすりの福太郎、クリエイト・レストランツ・ホールディングス、ケイ・ウノ、サマンサタバサジャパンリミテッド、資生堂ジャパン、スターツケアサービス、東急リバブル、東京會舘、東京美装興業、東武宇都宮百貨店、東邦銀行、医療法人社団桐和会、三井不動産リアルティ千葉、メビウス製薬、ヤマダ電機、ユナイテッドアローズ、渡辺パイプ

教員リスト

■教授
・荻原稚佳子(日本語教育、語用論)
・片桐史尚(日本語教育、言語社会学)
・木山三佳(日本語教育、第二言語習得論)
・佐々木文彦(日本語学、言語変化)
・中川 仁(日本語教育、言語学)

■准教授
・田鍋桂子(日本語史、国語教育史)
・西川寛之(日本語教育、日本語文法論)

■講師
・田川麻央(日本語教育)
・柳井まどか(日本近代文学)

[教職課程担当教員]
■教授
・石鍋 浩(教員養成・教職課程)
・大池公紀(教員養成・教職課程)
・木内和夫(教員養成・教職課程)
・坂本純一(教員養成・教職課程)
・高野敬三(教員養成・教職課程)

■准教授
・金子義隆(英語科教育)
・樋口倫子(教育心理学)
・百瀬美帆(英語科教育)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

学部・大学院等