MEIKAI HOME学部・大学院等学部・学科 ≫ 外国語学部日本語学科

外国語学部日本語学科


日本を学び、世界を知る。そして、社会ヘー。
日本を取り巻く言語環境は多様化の一途をたどり、多言語社会を形成しつつあります。それに伴って、社会の人材ニーズも変容しています。
日本語学科では、生きる力の基盤となる教養力と、日本語・英語・中国語の運用能力を身につけること、日本語と日本文化に精通すること、周辺諸国の言語・文化・社会を理解することに力点を置いています。
グローバル・スタディーズ専攻(GSM)では、外国語とビジネス関連の科目を中心に学修します。日本語専攻(JLM)では、日本語と日本文化、その教育関連の科目を中心に学修します。

日本語学科の特色

1 目的に応じた専攻

日本語学科は、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と日本語専攻(JLM)に分かれており、GSMでは日本語、英語、中国語を身につけ、日本及び周辺諸国の文化・経済を幅広く学びます。また、JLMでは日本語教育の理論的な学修と国内外での日本語教育実習を経て、日本語と日本文化を教える日本語教員、近年急増している外国籍の生徒の指導にも対応できる国語科教員を育成します。

2 4年間一貫少人数必修ゼミ

教員と学生の距離を近づけてきめ細やかな指導を行う少人数教育を重視。1年次の「フレッシュパーソンセミナー」、2年次の「課題探求セミナー」、3年次の「専門領域研究講座」、4年次の「卒業研究」と4年間一貫の必修ゼミによる少人数指導で、学生の成長を強力にバックアップします。

3 特徴ある進級要件

3年次進級時に日本人学生は日本語検定2級程度、外国人留学生は日本語検定3級程度に相当する日本語運用能力が求められます。

4 海外留学、海外研修、インターンシップ、ボランティア活動

GSMでは、海外留学、海外研修、国内外でのインターンシップやボランティア活動のいずれかが必須です。異文化理解を実体験し、グローバル社会を生き抜く力を養います。

カリキュラム


ピックアップ科目

フレッシュパーソンセミナーⅠ・Ⅱ

高校までの基礎力と知識を整理し、検定試験を受験することによって基礎力の充実を図り、大学での学修方法を身につけます。日本人学生は日本語検定3級以上、留学生は準3級以上の資格取得をめざします。

日本語教育概論

日本語学及び日本語教育の基礎を学び、外国語としての日本語をどのように人に伝えていくのか、またどのような方法で教えていくのかを学びます。特に日本語の構造を理解し、客観的な解釈ができる人材を育成します。

ビジネス経済学

グローバル人材として、さらにはビジネスパーソンとして、最低限身につけておくべき経済学の基礎をビジネスの視点から広く学びます。

専門領域研究講座

ゼミ形式で指導教員とともに課題を設定し、その解決に向けて協働活動も交えて、研究を進めていく少人数の学修活動です。4年次の卒業研究につながる授業です。

教員メッセージ

日本語を多角的な視点から学び、将来の可能性を広げる
片桐 史尚 教授

本学科では、日本語を諸外国語の1つとして客観的に捉え、文法、発音などさまざまな角度から日本語という言語を考察していきます。さらに、ジェスチャーなど言葉の周辺にある非言語行動にも注目し、それがどのような働きを持っているかについても学んでいきます。本学科は、外国人に日本語を教える日本語教員と、中学・高校の国語教員の養成に主眼を置いていますが、日本語を多角的な視点から学ぶことで得られる「読む」「話す」「書く」「聞く」という4つの技法は、ビジネスの場でも強力な武器となることでしょう。今後、目まぐるしい変化が予想される世界に対応すべく、日本語を切り口に世界に羽ばたいていける人材を育成していきたいと思っています。

在学生インタビュー

日本語を教えるための充実した学びを通して、自身の成長を日々実感
荷見 美有 さん 3年(栃木県立宇都宮清陵高等学校出身)

日本語教師になりたいという夢をかなえるため、日本語を専門的に学べる日本語学科を志望しました。日本語学科では、日本語の文法や発音、方言など基本的なこと以外にも、日本語教育の歴史やどのように日本語を教えたら良いか、人はどのように第二外国語を修得していくのかといったことも学びます。日本語を母語としてではなく1つの言語として学ぶので、言葉の使い方や言葉自体に敏感になり、そこから新たな日本語についての疑問が出て来るところが面白いと感じます。明海大学の良さは、教育実習の場が多く用意されているところ。日本語の教え方について実習を通して改善していけるので、自分自身の成長を実感できます。また、留学生も多く、学科の中で国際交流が盛んに行えます。学生と先生の距離も近く授業中も発言しやすい雰囲気で、専門的な知識を深く学ぶことができています。より良い日本語教員になれるよう、今は日本語教育能力検定試験の合格をめざして日々努力しています。

資格・留学・進路

資格

日本語教育能力検定試験

日本語教員になるために必要な知識・能力が基礎的水準に達しているかどうかを検定する試験が日本語教育能力検定試験です。日本語学校などへの就職に有利といわれ、合格率18~19%という難関資格の1つです。日本語学科では、受験指導に力を入れる検定試験対策授業を開講し、年2回の模擬試験を独自に実施。そのほかにも、試験対策を兼ねながら日本語教育に関する幅広い知識や技能を修得できる「日本語教授法」などの授業をはじめ、教育経験の豊富な多数の教員が指導します。将来、日本語教員をめざす人は在学中に検定試験に挑戦してみましょう。

取得可能な教員免許状

中学校教諭一種免許状(国語)
高等学校教諭一種免許状(国語)

日本語学科日本語専攻は教職課程を設置しており、所定の単位を修得することにより中学校及び高等学校の国語の教員免許状を取得することができます。教職課程の履修、教育実習、教員採用試験など、教職に関するさまざまな課題は、教職課程センターが一人ひとり丁寧にサポートします。

留学

主な研修先(2016年度実績)
研修・留学先 期間 人数 費用概算 ( )内は自己負担額概算
クイーンズランド大学(オーストラリア) 7日間 4人 49万円(全額大学負担)
釜山外国語大学校(韓国) 16日間 1人 15万円

※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

留学体験記 留学先:韓国・釜山外国語大学校
高屋 夏見 さん 2017年3月卒業
(埼玉県立浦和東高等学校出身)


韓国で日本語教育の現場を見学したこと、教育実習を体験できたことは、日本語教員をめざす上で、大きな糧となりました。自分が行った授業に対して現地の先生から講評をいただき、課題が明確になったことはもちろん、「日本語を教えるのが楽しい」と思えるようになりました。明海大学は留学に対する奨学金制度が充実しているので、金銭面でも安心して留学することができました。

進路

人気職業の日本語教員として教育機関で働く卒業生をはじめサービス業や小売業など、人とのコミュニケーションが重視される企業への就職が多い。

【主な就職先】※過年度実績(5か年)
・国語科教員・日本語教員
岩谷学園テクノビジネス横浜保育専門学校、上野法科ビジネス専門学校、浦和国際教育センター、浦和実業学園高等学校、行田市教育委員会、Sun-A国際学院、千葉市教育委員会、東方国際学院、東日本学院、船橋市教育委員会、立志舎高等学校

・その他民間企業等
アースサポート、アーネストワン、いすゞ自動車、伊藤忠エネクスホームライフ関東、ANA FESTA、OLJランゲージアカデミー、オンワード樫山、カスミ、カルビー、きらやか銀行、銀座アスター食品、警視庁、幸楽苑、郡山ビューホテル、ココカラファイン、コネクシオ、サカイ引越センター、産経旅行、シー・ヴイ・エス・ベイエリア、シーボン、島忠、しまむら、上新電機、スズキ自販千葉、すずのき、ストライプインターナショナル、大和冷機工業、千葉スバル自動車、東京會舘、東京地下鉄、東京トヨペット、東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート、東武宇都宮百貨店、トリンプ・スタッフ・サービス、ナルミヤ・インターナショナル、日本テレホン、ネクシィーズ、ノジマ、ハピネス・アンド・ディ、日立物流、ビックカメラ、三笠会館、三菱東京UFJ銀行(中国)、明治安田生命保険、ヤマダ電機、大和フーヅ、ユナイテッドアローズ、ラオックス

就職活動体験記 就職先:株式会社スポーツフィールド
鈴木 竜太 さん 2017年3月卒業
(私立青森山田高等学校出身)


就職活動中は、就活コーチやゼミの先生に何度も相談し、多くの貴重なアドバイスをいただきました。悩むことも多々ありましたが、周りの方々の熱心なサポートがあったからこそ、納得のいく進路を選ぶことができたと思います。日本語学科で学んだ敬語の使い方も、面接の際に役立ちました。

教員リスト

●荻原稚佳子教授
日本語教育、語用論

●片桐史尚教授
日本語教育、言語社会学

●木山三佳教授
日本語教育、第二言語習得論

●佐々木文彦教授
日本語学、言語変化

●中川 仁教授
日本語教育、言語政策

●柳澤好昭教授
日本語教育、社会心理学

●西川寛之准教授
日本語教育、日本語文法論

●田鍋桂子講師
日本語史、国語教育史

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

学部・大学院等