MEIKAI HOME学部・大学院等学部・学科 ≫ 不動産学部不動産学科

不動産学部不動産学科


豊かな暮らしや活力あるビジネスを実現するため、住宅・マンション・オフィスビル・店舗・土地の利用など、私たちの生活環境すべてを総合的に考えるのが不動産学です。住まいや街づくりは、経済学、法学や工学といった今まで個別に研究されてきた学問だけでは実現できません。不動産学として総合的に学ぶことで、実社会で役立つ知識・スキルが身につきます。欧米諸国で盛んな不動産学を学べるのは日本で唯一、明海大学だけです。

不動産学科の特色

1 エキサイティングな学問

都市問題、生活、経済、環境など現代社会は複雑かつ多面的な問題に直面しており、これらの解決には、総合的な対策が不可欠。 “現代社会”をあらゆる分野にわたって研究し、都市開発や不動産流通・経営・ファイナンスの専門家として「未来」を創造していく。不動産学は、時代が求めるエキサイティングな学問です。

2 視野を広げる海外研修

毎年、英国ケンブリッジ大学や韓国、中国の協定大学などで短期海外研修を実施しています。ケンブリッジ大学は不動産学研究のパイオニア的存在で、31のカレッジからなる名門総合大学。この大学の学生寮で生活しながらイギリスの不動産事情や都市環境、開発事業などについて学びます。毎年15名程度の学生が奨学金制度を利用して参加しています。

3 幅広い業種への就職

将来の活躍の場は不動産、建設業界だけにとどまりません。例えば融資を行う金融機関や、顧客の資産設計を行う生保業界、店舗の立地が重要な経営戦略となる小売業や外食産業、都市計画を推進する地方公務員、不動産を利用する一般企業など、さまざまな業界で不動産の知識は必要とされています。卒業後は多岐にわたる職種での活躍が期待されます。

特徴ある進級要件

不動産学科では2年次、3年次進級の要件として、宅地建物取引士の資格取得を定めています。※そのため、1年次のうちに取得できるようカリキュラムを編成し、試験対策の科目や模擬試験等を充実させています。
※進級判定には学内試験を併用します。

カリキュラム


ピックアップ科目

都市環境と防災

環境配慮のまちづくりを理解し、地理的条件からみた都市の防災の現状を知ります。さらに、建築物の高層化や密集市街地の現状を把握し、地震・水害などのメカニズムを理解した上で、自然災害リスクを配慮した建築物の立地を検討する視点を養います。

不動産鑑定評価論

個人の生活や企業のビジネスに大きく影響する土地や建物を、売り買いする場合の価格、貸し借りする場合の賃料を精緻に求める理論と手法を学修します。不動産分野で最難関の国家資格である不動産鑑定士をめざすきっかけともなる授業です。

不動産ファイナンス

「お金」と「時間」と「金利」は密接に関連しています。不動産ビジネスでは、これら3つの要因をマネジメントすることが求められます。そのためには、高度な専門知識と分析技術が必要です。本講義では、不動産分野のデータ・サイエンティストの育成をめざします。

住宅地計画実習

住宅地計画とは住宅の集団的な計画・整備や、既成住宅地の保全・修復・再開発の計画です。多様な条件や、住み手の生活や居住地への愛着、主体的な街づくりを総合的に考え、地区や住宅の設計・製図能力を養います。

教員メッセージ

不動産の現場で、即戦力として活躍できる人材の育成をめざします
小松 広明 准教授

不動産学は極めて実用的な学問です。実学面を重視した教育を行い、ビジネス現場の第一線で即戦力として活躍できる人材の養成を大きな目標としています。そのため、宅地建物取引士の資格試験に合格できるレベルの知識を早期に修得することをめざし、その上で専門性を高める教育を実践しています。物事の価値というものは、「効用」と「希少性」によって生じます。本学科では、在学中に宅地建物取引士の資格試験に合格した学生の就職率が100%を維持していることから、大学教育の「効用」が示されているといえるでしょう。一方、「希少性」という観点においては、明海大学は不動産学部を有する日本で唯一の大学です。大学教育の本質的価値という視点で、進学すべき大学を考えてみてはいかがでしょうか。

在学生インタビュー

宅地建物取引士の資格へ向けた勉強が、私を変えてくれました
山崎 映里 さん 3年(埼玉県立鴻巣高等学校出身)

祖父が建築事務所を開業しており、母も不動産関係の仕事を行っていました。その影響から、将来は不動産の仕事がしたいと思うようになり、日本で唯一の不動産学部がある明海大学へ。不動産学部では2年次の進級要件として、宅地建物取引士の資格取得が定められており、このための勉強が私を大きく変えてくれました。それまでの自分にはなかった「自ら進んで勉強する姿勢」が身についたのです。放課後に友人と集まって勉強するようになり、先生を見つけたら質問攻め。どんな時でも快く応じてくださった先生方には、本当に感謝しています。このような姿勢で勉強に励んだ結果、無事、1年次に資格を取得することができました。資格取得者に奨励金が支給されることも明海大学の魅力で、モチベーションアップにつながります。今後はFP技能士や秘書検定の資格にも挑戦する予定。人生は自分のやる気次第で変わります。努力したもの勝ちです。興味が湧いたらぜひオープンキャンパスに足を運んでみてください。

資格・留学・進路

資格

宅地建物取引士

不動産企業への就職時に有利になるだけでなく、不動産を扱う建設会社や銀行などの金融機関で働く場合にも活かせる資格として人気なのが宅地建物取引士(宅建士)です。宅建士は、土地や建物の売買などの際に必要となる国家資格で、合格率は毎年全受験者の16%前後です(2015年度は15.4%)。不動産学部では、3年次進級の要件として宅建士の取得を課しています。※そのため、1年次から試験対策を行う「不動産取引演習」などの授業や模擬試験などを実施し、夏には宅建合宿を行います。併設の明海大学オープンカレッジの宅建講座も受講でき、資格取得のサポートは万全です。
※進級判定には学内試験を併用します。

留学

主な研修先(2015年度実績)
研修・留学先 期間 人数 費用概算()内は自己負担額概算
ケンブリッジ大学(イギリス) 10日間 4人 59万円(全額大学負担)
10人 59万円(42万円)
江原大学校他(韓国) 7日間 3人 18万円(9万円)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。 ※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。
※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場等によって変動します。

留学体験記 留学先:イギリス・ケンブリッジ大学
熊﨑 瞬 さん 4年
(千葉県立市川南高等学校出身)


入学前から目標にしていた海外留学。
渡航に際し、数回にわたって勉強会や説明会を開いてくださったおかげで、安心して参加することができました。
成績上位者は費用全額大学負担で参加することができるため、普段の勉強のモチベーションもアップ。
留学で得た積極性とコミュニケーション力を、就職活動にも活かしていきたいです。

進路

不動産業・建設業など、不動産関連の就職先に半数を超える卒業生を送り出しているのが大きな特徴。ほかにも、金融機関など専門知識を活かせる就職先が多い。

【主な就職先】※過年度実績(5か年)※50音順
アーネストワン、アパマンショップホールディングス、飯田産業、エイブル、NREG東芝不動産、エリアリンク、オープンハウス、木下工務店、グローバル住販、グローベルス、ケン・コーポレーション、鴻池組、サンセイランディック、サンフロンティア不動産、新生銀行、新日本建設、スターツグループ、住友不動産販売、センチュリー21・ジャパン、タイセイ・ハウジー、大成有楽不動産、大和情報サービス、大和ハウス工業、大和リビング、東急リバブル、東京インテリア家具、東京セキスイハイム、日神不動産、日本ハウズイング、野村不動産アーバンネット、野村不動産パートナーズ、ハウスコム、ハウスドゥ、一建設、日立ライフ、福屋ホールディングス、ポラス、丸誠、みずほ不動産販売、三井住友トラスト不動産、三井不動産リアルティ、三菱UFJ不動産販売、明和地所、ヤマダ・エスバイエルホーム、夢真ホールディングス、リストグループ、ルーデン・ホールディングス、レオパレス21

就職活動体験記 就職先:大和ハウス工業株式会社
森田 愛理 さん 2016年3月卒業
(千葉県立流山高等学校出身)

 
不動産学を複合的に学んで業界への理解が深まり、めざしていた資格取得も実現。
就活では、大学での学びと熱意が実り、第一志望の企業に内定をいただきました。
就職サポートも手厚く、キャリアデザインの授業では一人ずつ就活コーチがつき、些細なことでも気軽に相談できて大変助かりました。

教員リスト

  • 大杉麻美教授
    不動産法、家族法
  • 小川清一郎教授
    民法
  • 斎藤千尋教授
    都市空間設計
  • 周藤利一教授
    土地法、比較法政策
  • 中城康彦教授
    不動産経営計画、不動産鑑定評価
  • 浜島裕美教授
    民法、環境法
  • 表 明榮教授
    GIS、基盤施設計画
  • 前川俊一教授
    不動産経済学、公共経済学
  • 芦谷典子准教授
    不動産流動化、国際経済
  • 兼重賢太郎准教授
    法社会学、都市計画法
  • 小杉 学准教授
    集合住宅管理、都市計画
  • 小松広明准教授
    不動産ファイナンス
  • 宅間文夫准教授
    都市経済学、地域経済学
  • 藤原 徹准教授
    公共経済学、都市経済学
  • 本間 勝准教授
    環境法
  • 山本 卓准教授
    財務会計
  • 前島彩子講師
    建築構法
  • 石川秀才特任准教授
    不動産取引関係法
  • 竹迫守夫特任准教授
    不動産取引関係法
  • 塚原光顕特任准教授
    建築設計
  • 中村喜久夫特任准教授
    不動産取引関係法
  • 杉浦雄策教授
    運動生理学

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

学部・大学院等