Department of Real estate

不動産学部 不動産学科

  • TOP
  • 不動産学部 不動産学科

豊かな暮らしや活力あるビジネスを実現するため、住宅・マンション・オフィスビル・ショップ・土地の利用など、
私たちの生活環境すべてを総合的に考えるのが不動産学です。
住まいや街づくりは、経済学、法学や工学といった今まで個別に研究されてきた学問だけでは実現できません。
不動産学として総合的に学ぶことで、実社会で役立つ知識・スキルが身につきます。
欧米諸国で盛んな不動産学を学べるのは日本で唯一、明海大学だけです。

不動産学科の特色

1目的に応じたコース

不動産学科は、不動産の経営や不動産を取り巻くさまざまな制度や理論について学ぶビジネスコース、不動産の開発や取引に欠かせない鑑定・金融を学ぶファイナンスコース、建築デザインやまちづくりについて多角的な視点で学ぶデザインコースに分かれています。

24年間一貫少人数必修ゼミ

教員と学生の距離を近づけてきめ細やかな指導を行う少人数教育を重視。1年次の「不動産学基礎演習」、2年次の「不動産取引演習」、3年次の「不動産学研究」、4年次の「卒業論文」と4年間一貫のゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にバックアップします。

3特徴ある進級要件

不動産学科では2年次、3年次の進級要件として、宅地建物取引士の資格取得を定めています。※そのため、1年次のうちに取得できるようカリキュラムを編成し、試験合格をめざす科目や模擬試験などを充実させています。
※進級判定には学内試験を併用します。

4幅広い業種への就職

将来の活躍の場は不動産、建設業界だけにとどまりません。例えば融資を行う金融機関や、倉庫や工場など広大な不動産を保有する大手メーカー、店舗の立地が重要な経営戦略となる小売業や外食産業、都市計画を推進する地方公務員、不動産を利用する一般企業など、さまざまな業界で不動産の知識は必要とされています。卒業後は多岐にわたる職種での活躍が期待されます。

めざす職種・資格

めざす職種

不動産業を中心に様々な業界で活躍しています

不動産等 / 建設業 / 卸・小売 / サービス / 情報通信 / 金融・保険 / 製造 / 運輸・郵便 / 医療・福社 / その他

めざす資格

宅地建物取引士

不動産関連企業への就職時に有利になるだけでなく、不動産を扱う建設会社や銀行などの金融機関で働く場合にも活かせる資格として人気なのが宅地建物取引士(宅建士)です。宅建士は、土地や建物の売買などの際に必要となる国家資格で、合格率は毎年全受験者の16%前後です(2018年度は15.6%)。不動産学部では、1年次、遅くとも2年次までに宅建士の資格試験に合格することをめざし「不動産取引演習」などの必修授業や模擬試験などを実施し、夏には宅建合宿を行います※。大学に併設されたオープンカレッジの宅建講座も受講でき、資格取得のサポートは万全です。
※進級判定には学内試験を併用します。

先輩の紹介

大学での時間が生きる力になる多様性を知り、自分の知らない世界も見えてくる

大学での時間が生きる力になる多様性を知り、自分の知らない世界も見えてくる

藤澤 美月さん
不動産学部 不動産学科 3年

詳しく見る