研修風景

【2012年度:03120201コース】
ぺリオとインプラントのためのスーチャリングテクニック
誰も教えてくれなかった縫合理論と、役立つ12種類の縫合

2012年7月21日・22日

抜歯などの小外科、歯周外科、インプラント外科手術など、いずれの処置にも必要となる縫合をマスターするためのコースです。本コースは2005年から始まって以来、毎年募集と同時に満員御礼となってしまう人気コースです。
どのような場所に、どのような材料を用いて、どの縫合法を用いるのかを、講義・実習を通して徹底的に結紮や縫合テクニックを磨いていただき、また持針器の持ち方、針の通し方、ティッシュプライヤーの使い方、結紮の仕方や力加減等のスーチャリングのコツも教えていただきました。
受講生の先生方は、明日の臨床にすぐに役立つ縫合のテクニックが身に付き、縫合が得意になって帰られました。


【2012年度:03120202コース】
ぺリオとインプラントのためのハードティッシュマネージメント
歯周病患者に対する確実で低侵襲な歯周、インプラントの骨造成

2012年10月13日・14日

歯周病患者に対する歯周組織再生療法やアドバンスなインプラント治療をマスターするためのコースです。
歯周組織再生のためのGTR法とEMD療法、さらにはインプラント治療におけるGBR法、様々な器具の選択、骨移植材料の特性と使用法、縫合方法、さらにはフォローアップにいたるまでの講義と実習が行われました。
コース終了時には、修了証のほかにエムドゲイン・ゲル認定証が手渡され、受講生の先生方も内容、ボリューム共に満足されたようでした。


【2012年:03120203コース】
ぺリオドンタル&ペリインプラント・プラスティック・サージェリー

2012年12月8日・9日

本コースでは凹んだ顎堤のボリュームを増やすには?インプラント周囲に角化歯肉を増やすには?根面被覆を行うには?など歯槽粘膜や顎堤、審美領域の軟組織形態の問題、インプラント周囲組織の恒常性を維持するための歯周形成手術について、豚顎を用いて講義と実習が行われました。
部分層弁の形成のコツ、組織採取の仕方、骨膜縫合の仕方等繊細な作業が要求される実習内容もステップごとに講師の先生に指導を受け、実習を通して歯周形成外科を理解することができました。フラップ手術ができてもプラスティック・サージェリーはどうもと感じていた先生方もチャレンジしようと実感したようです。


【2012年度:03120204コース】
ぺリオドンタル・フラップサージェリー・ライブオペコース

2013年2月23日・24日

本コースでは、実際の患者様に術前にCTを含めた様々な検査を行い、その結果をもとに治療のプランニング、オペの術式の選択に関する講義が行われた後、実際に手術をライブでみていただきました。術中の経過を内視鏡を用いて術野を拡大しながら行われるため、切開方法、剥離の仕方、骨欠損形態等がよく見え、教科書ではわからない器具の使い方や何組織の取り扱い方が手に取るように理解できました。また、手術後のカンファレンスでは申教授が術中に考えておられたことや、理論的な背景などを解説していただき、さらに理解を深めることができました。


【2010年度:01100100コース】
UCLAの歯周病とインプラント短期国内留学
‐UCLA・明海大学・朝日大学ジョイントプログラム-

2010年5月21日・22日・23日、7月23日・24日・25日、9月24日・25日・26日、10月24日、12月3日・4日・5日

臨床に携わる一方で、学術的裏付けも怠らない素晴らしい講師陣からマンツーマンで伝授され、歯周病とインプラントに関する基本臨床手技と最新の理論を13日間にわたり集中して知識と技術の両方が修得できるコースです。参加当初は苦手意識のあった先生方もコース終了時には皆、世界レベル!コース受講後もさらにUCLAワールドが開かれ、充実した歯科医師人生のための貴重な13日間となりとても満足されたようです。


【2009年度:コース19】
外国人歯科医師のための特別コース
Diagnosis and techniques for esthetic implant treatment special course for foreign dentists

(外国人歯科医師を対象とした審美と機能性を求めたインプラント周囲のソフトティッシュ・マネージメント)


2009年8月29日・30日


明海大学生涯研修部アジアンセンター構想の一環として、今年度から新規にスタートした外国人歯科医師を対象としたコースです。台北、台南、高雄などからから26名の歯科医師が参加しました。

2009年8月29、30日に明海大学浦安PDIにて行なわれた本コースは、審美的インプラント治療に必要な診断と埋入位置、インプラント周囲粘膜の取り扱い、補綴処置など、逐次通訳のもと、模型、豚顎を用いた実習など実践形式で、大変充実した研修となりました。

すでに明海大学の生涯研修コースを受講後、国際的に活躍されている外国人歯科医師もおられます。受講生の今後のご活躍を期待せずにはいられません。


歯科医師生涯研修部のご案内

ページのトップへ