• HOME
  • ニュース
  • ホスピタリティ・ツーリズム学部の学生がクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船見学を行いました

ニュース

2019.12.25 学部からのお知らせ

ホスピタリティ・ツーリズム学部の学生がクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船見学を行いました

1215日、ホスピタリティ・ツーリズム学部の授業科目「ホスピタリティ・ツーリズム産業研究I:クルーズビジネス(担当:上杉恵美教授)」の履修学生18人が、横浜港に停泊中のクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船見学を行いました。

「ダイヤモンド・プリンセス」は、大人がくつろぐ時間を大切にした施設や上質のサービスで人気のイギリス船籍の大型客船(115,875トン)で、日本発着クルーズに合わせた展望大浴場も備えています。

学生たちは、想像していた以上の船の大きさと広さに圧倒されながら、レストランやバー、シアター、カジノ、プール、スパ、ジムなどの多彩な船内施設を案内担当者とともに巡り、これまでの授業で得た知識を現場で自分の目で確かめることができました。

当日はホスピタリティ・ツーリズム学部卒業生(5期生)の鈴木麻見さんがパーサーとしてフロントデスクで勤務しており、学生たちは先輩が活躍する姿を間近に見てクルーズビジネスへの関心を更に深めていました。

戻る