歯学部

鬼頭慎司 教授

専門分野
歯科放射線学
主要研究テーマ
18F-FDG-PET/CTに関する研究
提供できる教育内容
歯科放射線学全般(特にCT・MRI・超音波・18F-FDG-PET/CTによる診断)

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 博士(歯学)2002年3月 九州歯科大学
  • 学士(歯学)1998年3月 九州歯科大学
主な業績又は職務実績等
  • 「顎・口腔のCT・MRI」(2016年、共著、メディカル・サイエンス・インターナショナル)
  • 「今さら聞けない歯科用CBCTとCTの読像法-三次元でみる顎顔面領域の正常画像解剖と疾患-」(2017年、共著、クインテッセンス出版)
  • 「口腔・歯・顎・顔面 ポケット画像解剖」(2019年、共著、医学情報社)
  • 「Reflection of 18F-FDG accumulation in the evaluation of the extent of periapical or periodontal inflammation.」(2012年、共著、Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol)
  • 「Variety and complexity of 18F-FDG accumulations in oral cavity of patients with oral cancers.」(2013年、共著、Dentomaxillofac Radiol)
  • 「Alterations in 18F-FDG accumulation into neck-related muscles after neck dissection for patients with oral cancers.」(2016年、共著、Med Oral Patol Oral Cir Bucal)
  • 「Changes in the distributions of fluorine-18-labelled fluoro-2-deoxy-D-glucose accumulation into tongue-related muscles after dissection in patients with tongue cancer.」(2017年、共著、Dentomaxillofac Radiol)