歯学部

村上幸生 准教授

専門分野
口腔診断学
主要研究テーマ
フェノール関連化合物の抗炎症作用
提供できる教育内容
口腔診断学口腔乾燥症の診断と治療

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 博士(歯学)1992年3月 明海大学
  • 歯学士 1988年3月 城西歯科大学
主な業績又は職務実績等
  • 《著書》
    「すぐひける、現場で役立つ歯科衛生士のための最新歯科用語辞典.」(クインテッセンス出版 p62-68, 2016年、共著)
  • 《論文》
    「Cytotoxicity and Pro-inflammatory Properties of Aliphatic alpha, beta-Unsaturated Acid and Ester Monomers in RAW264.7 Cells and Their Chemical Reactivity.」(In Vivo. 33: 313-323, 2019年,共著)
    「Cytotoxicity and Pro-/Anti-inflammatory Properties of Cinnamates, Acrylates and Methacrylates Against RAW264.7 Cells.」(In Vivo. 32: 1309-1321,2018年,共著)
    「Anti-inflammatory activity of β-carotene, lycopene and tri-n-butylborane, a scavenger of reactive oxygen species.」(In Vivo 32, 2018年,共著)
    「Expression of cyclooxygenase-2, nitric oxide synthase 2 and heme oxygenase-1 mRNA induced by bis-eugenol in RAW264.7 cells and their antioxidant activity determined using the induction period method. 」(In Vivo, 31, 2017年,共著)
    「Eugenol and its role in chronic disease.」(Adv Exp Med Biol. 929, 2016年,共著)
    2004年4月 日本口腔診断学会認定医・指導医
    2006年4月 歯科医師臨床研修副プログラム責任者
    2013年9月 日本口腔診断学会理事・代議員
    2013年11月 日本総合歯科学会理事・評議員
    2015年11月 日本総合歯科学会認定医・指導医