歯学部

坂東康彦 講師

専門分野
解剖学・組織学・発生学
主要研究テーマ
軟骨吸収に関する細胞組織化学的研究
提供できる教育内容
解剖学・組織学・発生学

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 博士(歯学)2014年3月 明海大学
  • 学士(歯学)2009年3月 明海大学
  • 修士(理学)1998年3月 新潟大学
  • 学士(理学)1996年3月 東京理科大学
主な業績又は職務実績等
  • マウス骨端板軟骨のseptoclastにおける表皮型脂肪酸結合タンパク(E-FABP)の発現(学位論文)
  • Expression of epidermal fatty acid binding protein (E-FABP) in septoclasts in the growth plate cartilage of mice.(2014、共著、Journal of Molecular Histology)
  • Retinoic acid regulates cell-shape and -death of E-FABP (FABP5) -immunoreactive septoclasts in the growth plate cartilage of mice.(2017、共著、Histochemistry and Cell Biology)
  • Origin and development of septoclasts in endochondral ossification of mice.(2018、共著、Histochemistry and Cell Biology)
  • 解剖学に関する教育の実践(2014年~)
  • 組織学に関する教育の実践(2014年~)
  • 歯学基礎ゼミに関する教育の実践(2015年~)