歯学部

大川周治 教授

専門分野
歯科補綴学
主要研究テーマ
顎口腔機能に関する研究
提供できる教育内容
歯科補綴学(全部床義歯学,部分床義歯学)

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 歯学博士 1986年5月 広島大学
  • 歯学士 1980年3月 広島大学
主な業績又は職務実績等
  • 「無歯顎補綴治療学.第3版」(2016年,編者,医歯薬出版)
  • 「コンプリートデンチャーテクニック.第6版」(2015年,編者,医歯薬出版)
  • 「パーシャルデンチャーテクニック.第5版」(2015年,共著,医歯薬出版)
  • 「スタンダードパーシャルデンチャー補綴学.第3版」(2016年,共著,学建書院)
  • 「磁性アタッチメント義歯における設計の相違と予後との関連性について」(2015,日本磁気歯科学会雑誌)
  • 「垂直顎間距離決定の基準下顎位に関する研究 咬合支持喪失状態が[n]持続発音位に及ぼす影響」(2015,顎機能誌)
  • 「4基本味における味覚機能のスクリーニング検査法の構築」(2014,顎機能誌)
  • 「嗅覚刺激による睡眠時ブラキシズムの抑制」(2019,顎機能誌)
  • 「全部床義歯学および部分床義歯学講義ノート」(2016年,口腔保健協会)
  • 「全部床義歯学および部分床義歯学実習マニュアル」(2016年,口腔保健協会)
  • 公益社団法人日本補綴歯科学会 理事長
  • 日本歯科医学会 理事
  • 日本歯科医学会連合 理事
  • 日本咀嚼学会 常任理事
  • 日本磁気歯科学会 理事
  • 日本顎口腔機能学会 理事
  • 公益社団法人日本補綴歯科学会 指導医・専門医
  • 呉共済病院・優秀論文賞受賞(1998年)