歯学部

原八重子 講師

専門分野
口腔顎顔面外科学
主要研究テーマ
抗がん剤の神経毒性に関する研究
提供できる教育内容
口腔外科学(悪性腫瘍、良性腫瘍、外科実習全般)

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 博士(歯学) 2007年12月 日本大学
  • 学士(歯学) 2000年3月 日本大学
主な業績又は職務実績等
  • 《資格》
  • 日本口腔外科学会認定医
  • 日本有病者歯科医療学会認定医
  • 《著書》
  • 現代口腔外科学.第5版 (2011年 エルゼビア・ジャパン、分担翻訳)
  • Biological Efficacy of Natural and Chemically Modified Products against Oral Inflammatory Lesions (2019年 Medicines、共著)
  • 《論文》
  • Search for Drugs Used in Hospitals to Treat Stomatitis. Medicines 29(6)(2019年)
  • Partial Protection of Paclitaxel-induced Neurotoxicity by Antioxidants. In vivo (Athens, Greece) 32(4) P745-752 (2018年)
  • Change in Anticancer Drug Sensitivity During Neuronal Differentiation of PC12 Cells. In vivo (Athens, Greece) 32(4) P765-770(2018年)
  • Somatotopic Organization and Temporal Characteristics of Cerebrocortical Excitation in Response to Nasal Mucosa Stimulation With and Without an Odor in the Rat: An Optical Imaging Study. Neuroscience 377 P77-86 (2018年)
  • A large-scale study of treatment methods for foreign bodies in the maxillary sinus. Journal of oral science 60(3) P321-328 (2018年)
  • OK-432による硬化療法を用いた舌下型ラヌーラの3例 小児口腔外科 26(1)P41-45(2016年)
  • 抗BP180型粘膜類天疱瘡の診断に苦慮した難治性口腔潰瘍の1例 日大歯学 89(3) P157-161 (2015年)
  • Three-dimensional finite element analysis of the effects of implant diameter and photofunctionalization on peri-implant stress Journal of oral science 59(2) P273-278 (2017年)