経済学部

佐々木康史 教授

専門分野
応用ミクロ経済学、国際マクロ経済学、産業組織論
主要研究テーマ
市場と産業組織、イノベーション及び競争政策に関する研究
提供できる教育内容
ミクロ経済学、マクロ経済学、産業組織論、企業経済学、競争政策

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 経済学修士 1974年3月 立教大学
  • 経済学士 1971年3月 東洋大学
主な業績又は職務実績等
  • 『観光の事典』朝倉書店(2018年刊行予定)。共著(分担執筆、「国際観光と為替相場」、「観光税とその帰着」、「観光の環境への影響」)
  • 「貿易モデル、重力方程式および市場構造」『明海大学経済学論集』第28巻第1号、2015年9月(単著)
  • 「観光サービス貿易の構造変化と産業内貿易」『立教大学観光学部紀要』第16号、2014年3月(単著)
  • 『ミクロ経済学 事例で学ぶ』文化書房博文社、2012年(単著)
  • 1974-1988年(株)三菱総合研究所(企業・産業・貿易分析、中長期マクロ経済モデル分析)及び成蹊大学大学院経済学研究科博士後期課程満期退学を経て1988年より現職。