外国語学部

熊谷学而 講師

専門分野
音声学・音韻論、言語学
主要研究テーマ
音象徴や必異原理(OCP)に関する研究
提供できる教育内容
音声学・音韻論、イギリス標準発音

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 博士(言語学)2016年3月 首都大学東京
  • 修士(言語学)2013年3月 首都大学東京
  • 学士(外国文化)2010年3月 獨協大学
主な業績又は職務実績等
  • Sound symbolic patterns of Pokémon names (2018年, Phonetica, 共著)
  • Expressing evolution in Pokémon names: Experimental explorations (2018年, Journal of Japanese Linguistics, 共著)
  • Stochastic phonological knowledge and word formation in Japanese (2018年,『言語研究』(日本言語学会), 共著)
  • 「音象徴の抽象性:赤ちゃん用オムツのネーミングにおける唇音」(2017年, 『第31回日本音声学会予稿集』, 共著)
  • 「ポケモンのネーミングにおける母音と有声阻害音の効果」(2017年,『第155回日本言語学会予稿集』, 共著)
  • Recursive feet and hidden phonology: The case of Fijian (2016年, Proceedings of AFLA 23, The Australian National University)
  • 「外来語適応の論理的問題」(2016年,『現代音韻論の動向:日本音韻論学会20周年記念論文集』, 開拓社)
  • Resolving the issue of the target of vowel copy in Fijian loanwords (2016年, Proceedings of Phonology 2015, The Linguistic Society of America)
  • The psychological status of the right-branch condition on rendaku: An experiment with specific contexts (2014年, Studies in Language Sciences 13 (言語科学会), 開拓社)