不動産学部

兼重賢太郎 准教授

専門分野
法学、法社会学
主要研究テーマ
都市計画紛争の協働的解決のあり方の研究、都市空間に関する法社会学的研究、不動産紛争メディエーションの研究
提供できる教育内容
不動産トラブルと法、土地開発と法、都市と建築の基本法、紛争管理論

※スマホで横スクロール表示になります。

学位
  • 修士(法学)2008年3月 九州大学
  • 修士(文学)1992年3月 九州大学
  • 文学士 1990年3月 九州大学
主な業績又は職務実績等
  • 【著書】
    『圏外に立つ法/理論』(2012年、共著、ナカニシヤ出版)
    『新版 紛争管理論』(2009年、共著、日本加除出版)
  • 【論文】
    「都市計画紛争における対話促進型調停」(2013年、『九大法学』第105・106合併号)
    「調停者の〈弱さ〉が意味するもの ―調停者‐当事者間関係に関する一考察」(2012年、『法政研究』第79巻第3号)
    「公開空地にみる現代都市コモンズの諸相」(2010年、『法社会学』第73号) 「公共空間における紛争管理の諸問題 ―市民・当事者の「主体性」「参加」という観点から」(2009年、『九大法学』第98号)
    「公共空間紛争へのメディエーション導入の課題」(2007年、『土木計画学研究・講演集』Vol.35)