解剖学分野

教 授:天野 修

准教授:崎山 浩司
講 師:坂東 康彦
助 教:長坂 新

教育

当分野は主に全身の肉眼的構造を扱う「解剖学」と顕微鏡的構造を扱う「組織学」を担当している。臨床の基本である診察にもっとも重要な観察力を身につけるため、視覚情報と基本的な知識の融合を身につけることを最終的な目的とする。また、歯科医学の守備範囲である口腔顎顔面および頭頸部の形態や機能を正しく理解するためには、全身の基本的な構造・機能の理解が必須であることを実習を通して学ぶ。さらに解剖学実習では献体されたご遺体を使用することから、歯科医学の発展を願って自らの体を提供してくださった方々の志やご遺族の気持ちを理解し、歯学部学生としての社会的使命を自覚することも重要な学習項目である。

研究

当分野では、哺乳類の口腔顎顔面の形態について、主に発生生物学的なアプローチで研究を行っている。口腔顎顔面各部の組織発生を制御する因子、特に熱ショック蛋白質や細胞増殖因子による細胞の増殖、分化、細胞死の調節機能に関する組織化学的および実験発生学的研究を主に行っている。具体的なテーマは以下の通り。

1) 唾液腺の発生と再生に関する研究
2) 口蓋と口蓋裂の発生に関する研究
3) 咀嚼筋の発生と分化に関する研究
4) 舌と舌筋の発生に関する研究
5) 胎生期で消失する頭頸部組織の消失機構に関する研究

担当科目

・解剖学(骨学、骨学実習、解剖学総論、神経解剖学、局所解剖学、臨床解剖学、解剖学実習、脳実習)
・組織学(組織学各論、組織学実習)
・発生学総論(生物学の一部)
・人体生物学(生物学の一部)
・顎顔面の発生と成長(歯科矯正学の一部)
・無歯顎の解剖学(高齢者歯科学の一部)
・咬合に関する解剖学(歯科補綴学の一部)