口腔解剖学分野

教 授:羽毛田 慈之

准教授:佐藤 卓也
助 教:森 芳史
助 教:林田千代美

教育

口腔組織学の授業では、まず人体を構成する最小単位である細胞のしくみ、そして細胞から組織および器官形成への構築メカニズムを教授した上で、歯および歯周組織の正常な発生、そして発生過程で形成される口腔内の組織を学びます。口腔解剖学では形成されたそれぞれの歯の形態特徴を理解し、その特徴がどのように歯の咀嚼機能と関連するかを学びます。また、口腔組織学の実習では、口腔内の組織を学生自身が観察することによって講義での内容を十分に理解してもらいます。口腔解剖学の実習では学生が実際に石膏棒から歯を彫刻ことによって歯の形態的特徴を身につけてもらいます。

研究

当分野では、前任の久米川教授より引き続き。長年、骨を構成する細胞(破骨細胞、骨芽細胞,骨細胞)の分化および機能を調節する機構を解明してきました。それらの中で、世界に先駆けて破骨細胞による骨吸収の主役を演ずるカテプシンKの発見、骨芽細胞の増殖分化を調節する種々の因子の作用機構、メカニカルストレスのセンサーとしての骨細胞の役割などを明らかにしてきました。この骨構成細胞生物学の研究の歴史は現在でも脈々と続いています。もう1つのテーマとして、歯を含む硬組織のアパタイト結晶の形成機構と構造解析を行っております。

担当科目

・口腔解剖学
・口腔組織学