デジタル・イノベーション メジャー(DXM)特設ページ

もうすぐ、こんな未来がやってくる。

「最先端のデジタル技術」と「ホスピタリティ・マインド(おもてなしの心)」がタッグを組んだら、どんなことが起きるだろう。

デジタリアン

生まれたときからデジタルに囲まれて育ち、デジタルを難なく使いこなす若い世代のことを、人々はいつしか「デジタリアン」と呼ぶようになった。彼らは、単にデジタルに強いだけではなく、自分の能力や技術を世の中の幸せのために、誰かの笑顔のために使いたいと考えていることが大きな特徴。彼らの強みは、高度な技術力を持ったエンジニアと、高度なおもてなし力を持ったサービスマンの間を上手に取り持ち、サービスに革新をもたらす能力。
彼らの生み出すビジネスやサービスがあらゆる市場を席巻し、彼らが最も重要視する「ホスピタリティ指数」が企業価値を左右する時代を迎えている。

O・MA・KA・SE・DE

定額で旅し放題の「旅サブスク」とAIの融合により、「次に何するべきか?」に頭を悩ませることのない究極のストレスフリー旅行が実現。旅先の選定、出発までの仕事の調整、パッキング、外貨両替、移動手段、お土産、増え続ける手荷物の自宅配送など、旅の面倒事はすべてお任せして、決めたことを評価されるストレスからも解放される。「…がおすすめですが、お客様はいかがしますか?」などの意思確認があり、選択権は利用者にある。旅を純粋に楽しむことができると好評。

マイスタイリスト

ショップ内の位置情報とVR技術の融合により、買い物は、プロのスタイリストと一緒に楽しむ時代に突入。マイスタイリストに、助言や提案をもらいながら服を選んだり、トータルコーディネートでワンシーズン購入することが流行。中でも、みんなが憧れるような有名人付きのスタイリストが人気で、「スタイリスト誰つけてる?」は、おしゃれに敏感な女子高生の合い言葉に。

FOOD BUDDY

健康な食生活をAI搭載のスマートウォッチがサポート。体調の変化や、エクササイズの有無によって、食事や間食のタイミング、おすすめメニューなどをアラート。位置情報を使って、近隣の食材店、飲食店、空席、最短ルートなどをふまえた多彩な提案が可能。ダイエット、筋トレ、療養食の管理だけでなく、フードロス解消、フェア・トレード、飢餓対策、自然農法やオーガニックなど、環境負荷が低い食品の消費を促す。食べることを楽しみながら、ダイエットも、社会貢献も叶えることが常識に。 

放課後トリップ

AR・VR技術の革新により、いつでも、誰とでも、どこへでも旅行できる「バーチャル旅行」が一般化。海外旅行のハードルも大きく下がり、受験を控えた高校生であっても、たとえば放課後の30分とか、寝る前の1時間とか、勉強の合間のちょっとした息抜きとして旅を楽しむ。離れて暮らす祖父母や、地球の裏側の友だちを誘って距離も空間も越えた旅が実現。教室や自宅からパスポート無しで旅立てるから、放課後、旅行に誘って告白する「旅告」が流行に。

スマカレ・スマカノ

近頃の高校生は、幼さの残る恋人とは距離をおきスマートフォンアプリ「スマカレ・スマカノ」との恋愛を楽しむ子が多い。AIのカレカノは、理想の容姿や人格を与えて自由にカスタムできるだけでなく、どんなときも常に寄り添ってくれる最強の味方でもあるので、リアルでの失恋後や受験で忙しい時期には、癒やしを求めてスマカレ・スマカノと付き合う子がぐっと増える。スマカレ・スマカノとの恋愛傾向から、相性の良い利用者同士をリアルでマッチングさせる機能が根強い人気のひみつ。 

働き過多改革

ホテル業界では個人のマンパワーに依存するサービスや、ゲストのチェックイン&アウトに合わせて1人の担当者が対応する「たすき掛けシフト」は過去の遺産に。現在では、ゲスト対応の詳細がリアルタイムで全スタッフに共有される「全員体制のおもてなし」がスタンダードに。ゲストの多様な要望にも、ベテランホテルマンのノウハウを熟知したAIがフォローに入って臨機応変に対応。万が一、謝罪が必要な事態が起きても、迅速で組織的な対応が可能に。

お出かけ代行

日本全国世界各地に住む「お出かけ代行スタッフ」が、なんらかの事情で出かけられない依頼者に代わって、ライブカメラをオンラインでつなぎながら旅行や買い物などを代行するサービスが普及。観たい角度で風景を楽しんだり、予定外の買い物をしたり、臨機応変なお出かけ体験が可能。物理的に遠い海外旅行や、高齢や障害など身体的な制約で断念してきたアクティビティのほか、研究者の現地調査やジャーナリストの取材などにも活用が広がっている。

一緒に考えよう。こんな世界をつくるために。