インターンシップ

将来就いてみたいと思う仕事や憧れの業界に飛び込み、実際に働くことができる制度がインターンシップです。社会に出る前に目的意識を持って取り組んだ体験は、将来の仕事選びに役立ち、また希望の仕事に就くための道しるべとなります。明海大学では指定するインターンシップ・プログラムであれば、実習の成果を単位認定しています。

主なインターンシップ派遣先(2019年度実績)

青山商事、岩谷学園テクノビジネス横浜保育専門学校日本語科、浦安市〔浦安市役所〕、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、NPO法人かみのやまランドバンク、大原日本語学院、オクマ プライベートビーチ&リゾート、オデッセイコミュニケーションズ、菊家商事、グランドハイアット 東京、ゲイン、古郡ホーム、ジェイ・ブロード、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、ダイハツ千葉販売、千葉県警察〔浦安警察署〕、千葉トヨタ自動車、帝国ホテル、トップランク、成田国際空港、日テレイベンツ、日本マレーシア協会、野村證券、平林明広土地家屋調査士事務所、ヒルトン東京ベイ、フォトワークス、プリンス ワイキキ、ホテルオークラ東京ベイ、ホテルハマツ、南三陸ホテル観洋、メイン、ラフォーレリゾート修善寺、ワタベ・ウェディング・ハワイ など

※派遣先は年度により変更することがあります。

インターンシップリポート

不動産業界の仕事の醍醐味に
触れることができた、貴重な体験。

子どもの頃から家や間取りに関心があり、不動産業界で働くのが夢でした。自分がどんな業種でどんな働き方をしたいのかを知るためには、できるだけたくさんの会社や仕事を実際に見て、比較することが重要だと考え、短期のインターンシップに積極的に参加。大手企業と中小企業はそれぞれ営業戦略が異なり、どちらにも魅力を発見できました。インターンシップを通じ、不動産業界の仕事の醍醐味を感じたのは、仲介営業のやり方を教えていただいた時です。家の売り主と買い主の希望する値段をすり合わせ、シミュレーションする作業が面白く、就職活動では仲介営業の仕事を中心に志望すると決めました。インターンシップの回数を重ねるごとに、チームの中での自分の役割を見つけ、リーダーシップが執れるようになり、コミュニケーション力が向上していることを実感できました。

 

不動産学部 不動産学科 4

松永 透さん(東京都立 足立新田高等学校 出身)