浦安キャンパス/国際交流

バラエティ豊富な留学プログラム

留学の目的は、大きく分けて2つあります。 
1.短期の海外研修で自分に足りないものを知り、その後の学修目的を見定める。 
2.主として高学年次の長期留学で、総仕上げとして学修成果を高める。
明海大学では、自分の興味や目的に応じて選択できるように、留学先や期間、内容など多彩な留学プログラムを用意しています。

主な留学の種類

協定校留学
本学との間に学生の相互交流などの協定を締結した海外の大学へ留学します。留学生専用クラスでの語学研修だけでなく、英語圏への長期留学では現地の大学生と同じ教室で、同じ授業を受けられます。留学生としての手加減がなく厳しさがある半面、得られるものも計り知れません。
 
交換留学

明海大学から海外の大学へ学生を派遣する一方、その大学から明海大学が留学生を受け入れる制度で、相互大学間の入学金・授業料が免除され、双方の大学で異文化交流が生まれるのが大きな特長です。セントラルフロリダ大学(アメリカ)、サンウェイ大学(マレーシア)などとの間で交換留学が実施されています。

 
海外研修

15週間程度の海外研修に、2019年度は117人の学生が参加しました。留学先はアジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアの世界中に海外交流校が広がっており、ハワイ大学(アメリカ)では、学生の相互交流が活発に行われています。奨学金や単位認定のサポートも行っています。

渡航前から帰国後まで、充実の留学サポート

留学計画から帰国後のフォローアップまで、留学を実りあるものにするためのサポート体制も充実しています。特に、留学先選びから出発するまでの間に不安点を事前に解消するナビゲートシステムの整備と、学生が安心して留学に専念できるように、ほぼすべての留学プログラムに適用される奨学金制度の充実度は大きな特長です。

単位認定サポート
「海外留学をすると、単位の取得がその分遅れてしまうのでは?」という心配は要りません。海外の協定校に留学し所定の互換科目を修得することにより単位が認められるからです。帰国後もほかの学生と同じように進級し、4年で卒業することができます。海外研修(1~5週間)では所定のプログラムを修めることにより2単位、長期・短期留学(約5~12か月)の場合は20~40単位まで認定されます。

 

費用サポート
学生が安心して留学に専念できるように、大学が提供する留学プログラムに参加する学生に適用される費用サポート制度の充実は、明海大学での留学の大きな特長。留学先の国や期間に応じた、さまざまな費用サポートを行っています。中でも、成績優秀者を対象にした明海大学の全学部学科で実施している奨学海外研修では、費用全額大学負担で学科ごとに特色ある海外研修プログラムを実施しています。

国際色豊かなキャンパス

明海大学では多くの国・地域から外国人留学生を受け入れており、その数は、学部・大学院・別科日本語研修課程・特別聴講学生など合わせて約700人。留学生のためのサポート体制も充実しており、留学生の皆さんが安心して学べる環境を整えています。この国際色豊かなキャンパスで、日本人学生との交流はもちろん、さまざまな国・地域の友人との異文化コミュニケーションを体験してください。

外国人留学生サポート

日本語教育の充実

1年次前学期の必修科目で日本語を集中的に学修し、専門科目を身につけるための基礎力を修得します。また、日本人学生が活動サポーターとして教室内外で日本語会話のパートナーを務め、実践的な日本語力を養います。

さまざまな留学生の受け入れ

留学生を広く受け入れるため「外国人留学生特別入試」を実施しています。また、大学進学に必要な日本語教育が受けられる別科日本語研修課程からは、学内推薦入試制度により、入学金免除で本学学部に進学することができます。

留学生の授業料減免制度

私費外国人留学生には、経済的負担を軽減することを目的に、学費のうち授業料の30%を減免する「明海大学私費外国人留学生授業料減免制度」があります。(一定の学業成績基準あり) 

※ホスピタリティ・ツーリズム学部を除く

学生生活などのサポート

先輩留学生が、学修や学内手続きなどを支援する「外国人留学生アドバイザー制度」、ビザ延長などの申請を大学が代理で行う「取次制度」、また大学によるアパートの連帯保証人制度など、留学生活を支援する制度が整っています。

外国人留学生への就職支援

外国人留学生の就職活動の進め方や在留資格変更手続きなどを説明する「留学生のための就職ガイダンス」を実施。また、3年次から4年次にかけて、外国人留学生の求人を行う企業を招いた合同企業説明会などを開催しています。

外国人留学生キャンパスライフリポート

仲良くしてくれる学生たちとやさしい先生方

快適な環境でしっかり学び、資格も取得

 

父が販売している車の部品は、ほとんど日本製。品質の良い日本車は需要が高く、子どもの頃から日本が憧れの国でした。高校を卒業後、日本留学試験を受験。来日して日本語学校で勉強し、日本語能力試験N2を取得しました。経済活動が盛んな地域の大学に通いたくて明海大学に進学しました。都心や大型テーマパークが近く、でも落ち着いて勉強できる環境が気に入ってます。日本人学生がすぐに仲良くしてくれて、日本語や日本文化を教えてくれるので助かっています。また、先生方がやさしく丁寧に教えてくださるので、たくさんの知識が身につき、簿記検定3級にも合格。英語とスリランカ語、身につけた日本語を活かして、将来は貿易関係の仕事で、日本と海外をつないでいきたいです。

 

経済学部 経済学科 4

セネビラトゥナ シャーマル さん(スリランカ出身)