中国語学科

※横にスクロールできます。

講座No. 講師名 講座テーマ 講座内容
中-1

河村昌子
教授

中国の昔話と日本の昔話 中国の昔話「東郭先生とオオカミ」は、猟師に追われるオオカミを助けてあげた東郭先生のお話です。この講義では、中国の「東郭先生とオオカミ」と、日本の民話「つるのおんがえし」を比べて、日本と中国の違いを見てみます。昔話を通して、異文化に接するための、新しい気づきを得ていただければと思います。
中-2

高田誠
教授

中国の経済・社会を多面的に理解する 近年、中国の経済のめざましい成長は、アジアだけでなく、世界経済にとっても大きな影響力を持ってきている。換言すれば、中国経済の行方を知ることなく、今後のアジア、世界の経済の動向を把握することは困難であるといえる。しかし、急速な経済の発展は環境問題や貧富の格差の問題など、さまざまな社会問題を引き起こす可能性を持っている。この講座では、中国の経済・社会を多面的に見ていくことで、中国の抱えている問題点を理解し、その対策や日本とのかかわりについても考察する。
中-3

遊佐昇
教授

道教と中国文化の話 中国に道教という宗教があります。中国では都市の大小に関わらずどこにも名前の最後に“觀”とか“宮”との名前がつく建物があります。これは仏教で“寺”というのと同じく、道教の宗教施設です。この“觀”とか“宮”を通じて、中国の人々は道教と日常生活の中で深く関連しています。現在でも、中国社会の特徴を端的にあらわしているものは道教であるといわれます。この道教を理解することは、中国文化の理解にとても大事な要素です。
中-4

小川唯
准教授

日中関係とわたしたち 政治関係では冷え込んでいて、経済関係では互いに必要不可欠、人々はこれまでにない規模で頻繁に行き交っている…このような日中関係の現状をどのように理解したらよいのでしょうか?最近の日中関係に関する様々な統計をもとに、日本を訪れる中国人観光客や中国人・日本人の海外への留学、移住等、わたしたちに身近なトピックについて分析をおこない、政治関係からは見えにくい民間交流の現状や動向を学びます。また、今後の日本社会のグローバル化やビジネスにおける課題について考えます。
中-5

神崎龍志
准教授

中国語の通訳という仕事 日本と中国の関係は切っても切り離せません。それゆえ、外交、ビジネス、観光などどんな分野でも対話が不可欠であり、中国語をうまく話せる人材が求められています。そうした中で、言葉の架け橋として重要な役割を果たす通訳者も人材が不足しています。この講座では、中国語通訳という職業の実態やその面白さ・難しさ、また学生時代から通訳者を目指すには何をすればよいのかについてご紹介します。
中-6 曹泰和
講師
日中同形異義語の話 日中同形異義語というのは、日本と中国で同じ漢字を使い、見た目は同じ言葉が、異なる意味を表すというようなことばを指します。たとえば“手紙”という漢字は、日本では“Letter”のことですが、中国語では「トイレットペーパー」です。このようなことばは、実はたくさんあります。この講座では、クイズを解くような感覚で、紹介したいと思います。また、ことばをめぐって中国の文化や中国人の考え方等にも広く触れ、国際的な感覚、視野を身につけていただけたらと思います。
中-7 仙石知子
講師
三国志の魅力 いまから1800年前の中国は、三国時代でした。漢を打倒して時代の価値観を変えようとした曹操、漢の継承に命を賭けた劉備・諸葛亮。この二勢力に介在する孫権、その武将の周瑜が赤壁の戦いで曹操を破り、三国が鼎立したのです。陳壽が著した『三国志』という歴史書をベースとしながら、講談や演劇などさまざまな三国に関する物語を加え、羅貫中がまとめたとされているものが小説の『三国志演義』です。三国志の中で最も有名な戦いは、映画「レッドクリフ」でも取り上げられた赤壁の戦いでしょう。ところが、歴史書の『三国志』には赤壁の戦いに関する詳細な記録がありません。そのため、『三国志演義』は多くの虚構を挿入して、戦いを劇的に描いています。本講座では、赤壁の戦いの場面に取り入れられた様々なエピソードから三国志の魅力に迫りたいと思います。

中-8

中嶋諒
講師
孔子と中国文化 孔子の言行録である『論語』は、「学びて時にこれを習ふ、亦た説ばしからずや」という有名な一節からはじまる。中国思想とくに儒教において、この「学ぶ」ということばは非常に重要な概念である。本講座では、この孔子の「学ぶ」ということばに焦点をあわせて、中国の文化、思想を概観していく。