教職課程センター

※横にスクロールできます。

講座No. 講師名 講座テーマ 講座内容
教-1-①

石鍋浩
教授

【教員向け(管理職・管理職候補)】
これからの学校経営

カリキュラム・マネジメントのあり方を基に、これからの学校経営のあり方を考えます。教科等横断的な視点をどのように取り入れていくか、PDCAをどのようにまわしていくか、地域社会の人的・物的人材をどのように活用していくべきかを参加者とともに協議していきます。

教-1-② 【教員向け】
これからの小中学校英語教育のあり方
小学校の外国語(英語)科導入を踏まえ、小学校の授業のあり方、小中接続、中学校の授業改善を中心にこれからの英語教育について考えます。
教-1-③ 【教員向け】
生徒に寄り添う生徒指導のあり方
特別な配慮が必要な生徒が増えています。このような現状を踏まえ、これからの生徒指導はどのようにあるべきかを考えていきます。あわせて、保護者の協力をどのように得るかについても協議していきます。
教-1-④ 【教員向け】
これからの校内研究(中学校)
中学校における教科等横断的視点をもった校内研究のあり方について考えます。オリンピック・パラリンピック教育や言語能力向上教育等の具体例を参考にしながら、よりよい方向を探ります。
教-1-⑤ 【教員向け(ミドルリーダー)】
若手教員の育成
若手教員が数多く採用される時代になりました。若手教員の育成は喫緊の課題です。その中心となるミドルリーダー層を対象に、若手育成のあり方について、具体的なアイデアを出し合いながら研修します。
教-2-①

大池公紀
教授

【生徒・教員向け】
アクティブラーニング型授業研修
キャリア教育やアクティブラーニングなどの研修会で使われるコンセンサスゲーム「NASAゲーム」やマシュマロ・チャレンジ等を展開して生徒にコミュケーションの重要性を考えさせます。 また、教員向け研修としてはアクティブラーニング型授業の重要性の歴史的背景や意義、具体的な展開方法などを体験的に研修することが可能です。
教-2-② 【生徒・教員向け】
東京都新科目『人間と社会』を体験する研修
平成28年度から東京都立高等学校に設置された新科目『人間と社会』(今後の教育課題を踏まえて道徳教育とキャリア教育との融合を図った東京都独自の新科目。平成28年度から全都立高校で実施されている)の指導の意義と展開方法を参加者と共に学んでいきます。例えば、「働くことの意義」「マナーと社会のルールについて考える」などの単元を体験的に研修していく。 また、実際に高校生向けの授業を展開することも可能です。
教-2-③ 【教員向け】
学校独自のキャリア教育の創造
3年間を通したキャリア教育の展開プログラムをワークショップ形式で実際に作ってみることを研修します。地域の人的資源、NPOや外部専門機関との連携、従来の学校独自のプログラムなどを組み合わせて学校の特色化を促進させるために新たな「総合的な学習の時間」を創造します。
教-2-④ 【教員向け】
保護者への適切な対応方法
「モンスターペアレンツなんか存在しない」を基本的基軸にして、児童生徒を中心にした学校経営の在り方を考えます。随時ロールプレイなどを取り入れて体験的に展します。さまざまな人たちとの適切な関係を構築することで、より良い学校を創ることがこの講座の目途です。
教-2-⑤ 【若手教員向け】
課題の共有化と教育力向上
初年から3・4年目までの教員を対象にした研修。ALを導入した授業力向上、学校経営参画力向上を目途にした研修です。一方的な講義ではなく、研修参加者が互いの悩みを提供し共有化することを通して、自らの課題と解決の方法を発見していく研修です。
教-3-①

木内和夫
教授

【生徒・職員向け】
短歌・俳句創作指導
出前授業形式で、国語科担当とのティーム・ティーチングで授業を展開する。すべての児童生徒が創作が好きになる。
教-3-② 【管理職員向け】
開かれた学校づくり、魅力ある学校づくりのための学校経営
教頭、教務主任、生徒指導主事、進路指導主事向けの学校経営論。
教-3-③ 【若手職員向け】
楽しい学級経営と授業方法
学級経営、教科指導で悩む若手対象の研修会。
教-4

坂本純一
教授

英語の音って面白い! 話された英語を聞いていると、「イ」と聞こえると思っていたら「エ」のように聞こえたり、「ア」と聞こえると思っていたら「オ」のよう聞こえたり、「エ」と聞こえると思っていたら「ア」と聞こえたりすることがあります。これらは英語の聞き取りを難しくしている原因の一つになっています。この講座では英語の聞き取りを難しくしている色々な原因を取り上げながら、英語の音の面白さについて見ていきたいと思います。
教-5-① 百瀬美帆
教授
【生徒・教員向け】
授業で行うディベート活動
授業の帯活動で論理的な理由付けと反駁を練習しながらクラス内あるいはクラス対抗のディベートマッチにつなぐ指導について実施校の実情に合わせて計画を立てるお手伝いをします。
教-5-② 【教員向け】
パフォーマンステストの作成と実施方法
指導と評価の一体化を実現しなければならない中で、授業におけるスピーキング活動をどのように評価につなげていけばよいのかを考え、具体的なパフォーマンステストやルーブリック作成について実践例を紹介します。
教-5-③ 【教員向け】
4技能統合型オールイングリッシュ授業の実践方法
Presenting → Practice → Producing の段階を踏み4技能を統合した授業のデザインと実践方法を提案します。
教-6 金子義隆
准教授
聞き流すだけでいいの?-外国語の科学的な学び方 「聞き流すだけで英語が習得できる」という噂を科学的な見地から検証します。英語を勉強してもなかなか上達しないと悩んでいる方に、英語学習について必要な要素を解説します。