• HOME
  • ニュース
  • 歯学部の三浦賞子准教授(クラウンブリッジ補綴学分野)が「令和5年度日本歯科理工学会論文賞」を受賞しました

ニュース

2024.05.20 学部からのお知らせ

歯学部の三浦賞子准教授(クラウンブリッジ補綴学分野)が「令和5年度日本歯科理工学会論文賞」を受賞しました

歯学部の三浦賞子准教授(クラウンブリッジ補綴学分野)が「令和5年度日本歯科理工学会論文賞」を受賞しました。

この賞は令和5年度の日本歯科理工学会和文誌ならびに英文誌に掲載された論文のうちで優秀論文と認定された論文に贈られるものです。

 

論文名: The effect of low-temperature degradation and building directions on the mechanical properties of additive-manufactured zirconia
著者名: Shoko MIURA, Akikazu SHINYA, Yoshiki ISHIDA, Takafumi FUJITA, Pekka VALLITTU, Lippo LASSILA, Masanori FIJISAWA

三浦賞子准教授(中央)

戻る