Department of Dentistry

歯学部 歯学科

  • TOP
  • 歯学部 歯学科

臨床に強い歯科医師をめざして――。
超高齢社会を迎え、人口減少の時代が到来する中で、
「いかに豊かな人生を送るか」というQOL(Quality of Life)が重要視されています。
歯学科では、歯科医療に関する確固たる知識・技術の修得をベースに、豊かな人間性や感性、広い視野、国際性を身につけます。
そして、歯科医療を通じて人々のQOL を向上させ、人々に生きる喜びを与え、国際未来社会で活躍し得る歯科医師を育成します。

歯学科の特色

1感性を育てる徹底した基礎教育と少人数制

1・2年次の基礎教育では、患者様の立場になって診療するための「感性を育てる科目」を多く設置。3年次以上の専門科目の一部と病院実習を行う5年次は、10人程度の少人数制で実施します。

2充実した海外研修制度で国際性を涵養

海外研修(アメリカ、イタリア、フィンランド、中国、メキシコなど・研修費用は大学が全額負担)には年間36人、5年生の4人に1人が参加。歯科医療の現状や最新事情を学びながら現地学生と交流します。

3確かな技術を修得する臨床実習(5年次から約1年間)

臨床実習では付属病院内の診療科、PDI埼玉歯科診療所、高齢者施設などを回り、専門医の指導を受けながら診療実習を体験。高度な技術に接して、卒業後の臨床研修、歯科医師デビューに備えます。

4臨床研修の専門機関(PDI)などで卒業後も万全のサポート

卒業後1年以上の臨床研修が義務づけられていますが、歯学科には臨床研修のPDIがあり、治療計画や歯科医院の経営方法などを学べます。さらに開業後に対応した生涯研修(CE)制度も用意しています。

めざす職種・資格

めざす資格

歯科医師国家試験

歯科医師になるためには、歯科医師に必要な歯科医学及び口腔衛生など幅広い知識・技術やさまざまな素養を身につけ、厚生労働省が実施する「歯科医師国家試験」に合格しなければなりません。優れた歯科医師の養成に力を入れる歯学科の歯科医師国家試験過去3年平均合格率(新卒者)は82.1%で、安定した合格実績を残しています。歯科医師国家試験はマークシート方式で行われ、基本的な知識を問う必修問題のほか、歯科医学・歯科保健医療に関する総論問題、歯科疾患の予防・管理や、臨床で必要となる歯内療法学や歯周病学、保存修復学、歯科補綴学、小児歯科学、歯科矯正学、口腔外科学、歯科放射線学など専門科目に関する臨床問題などから構成されています。

先輩の紹介

文系出身の私でも大丈夫
基礎から学べる安心のカリキュラム

手束 玲子さん
歯学部 歯学科 5年

詳しく見る