Department of Oral Health

保健医療学部 口腔保健学科

  • TOP
  • 保健医療学部 口腔保健学科

東日本の私立大学で初となる4 年制大学での歯科衛生士養成課程。
医療の現場だけでなく、日々の食事や健康そのものを支える口腔衛生、その分野のプロフェッショナルとなる職業が歯科衛生士です。
予防歯科という考え方が広まるにつれて、歯科衛生士のニーズも年々高まっています。
歯科医師養成の実績と豊富な実習機会を有する明海大学で、あなたがなりたい口腔衛生の専門家をめざしましょう。

口腔保健学科

1歯学部や大学病院と連携した学び

本学の歯学部付属病院、PDI歯科診療所を始め特殊歯科診療施設などの歯科関係の診療所、医学部付属病院、がんセンターなどの総合病院での臨床実習を行い、幅広い研修が可能となっています。

2幅広いニーズに応える教育内容

口腔保健分野における学識、高度な臨床能力と研究能力を養いつつ、語学教育、基礎教育、人間力形成教育、キャリア形成教育なども実施。他学部連携のカリキュラムで質の高い教育を提供しています。

34年制大学ならではの進路

従来は歯科診療所への進路が大半でしたが、学士を有する歯科衛生士として、総合病院や介護保険施設、行政機関(保健所など)、企業(歯科関連)、教育者・研究者(大学院)などの幅広い進路が想定されます。

4これからの社会に対応した力

在宅医療や介護の場でも重視されている口腔の健康。本学では摂食嚥下リハビリテーションや専門的口腔健康管理などの教育も展開。英語科目、海外研修などによって国際的に活躍できる力も養います。

めざす職種・資格

めざす資格

歯科衛生士国家試験

歯科衛生士になるには、毎年3月上旬に実施される歯科衛生士国家試験に合格しなくてはなりません。受験資格は、歯科衛生士養成機関(大学、短期大学など)において、歯科衛生士として求められる知識や技術を修得して卒業することで得ることができます。保健医療学部では、ただ受験資格を得るだけではなく、4年間の体系的な学びを通じて、幅広い知識と高度な専門性を備えた口腔保健のプロフェッショナルを育成します。

社会福祉主事任用資格

厚生労働大臣が指定する社会福祉関係科目3科目以上を修得して卒業することで「社会福祉主事任用資格」を取得することができます。これは、社会福祉施設や介護施設において、高齢者や障がいがある方に必要な援助を行い、民間企業であれば介護事業所の生活相談員として活躍するなど、現場の管理職候補に求められる資格です。

先輩の紹介

多様な患者様が安心して治療できるように、
英語で対応できる歯科衛生士をめざす。

弘田 成美さん
保健医療学部 口腔保健学科 2年

詳しく見る