Department of Hospitality Tourism

ホスピタリティ・ツーリズム学部
デジタル・イノベーション メジャー

  • TOP
  • ホスピタリティ・ツーリズム学部 ホスピタリティ・ツーリズム学科 デジタル・イノベーション メジャー

近年、社会や産業全体のデジタル化の進展が急速に進む中、ホスピタリティ・サービス産業においても
顧客の属性や興味、趣味嗜好、行動などにあわせて、
最適な情報やサービスを提供するデジタル化の波が押し寄せています。
デジタル・イノベーション メジャー(DXM)では、デジタル技術やデジタル文化への理解をもとに
ホスピタリティ・マインドを前提とした業務の変革によってビジネスがより良い方向に向くビジネスの成長と、
競争優位の実現、SDGsの達成に貢献できる人材を育成します。

デジタル・イノベーション メジャーの特色

1少人数制教育

個性を尊重し、教員と学生、学生相互の活発な意見の交換に基づくアイデアの創発や理解の深化を目的に、少人数のゼミナールを4年間必修としています。ゼミナールでの個別プロジェクトの展開等、学修した知識を実践的に活用できます。

2インターンシップの必修化

実践的な学修を充実させるため、ビジネスの現場で「デジタルトランスフォーメーション」を体感的に学ぶインターンシップ経験を通して、学修内容への理解の深化と洞察に向けた気付きを得られます。

3ITパスポートと英語(進級要件と卒業要件)

世界に通用する人材を育成するため、英語運用能力4技能とITを正しく理解し、業務に効果的にITを活用することのできる“IT力”を進級要件としています。

4産学連携ネットワークからの学び

明海大学と企業との連携により、DXMならではのプロによる授業が受講できます。実際のビジネスシーンを想定し、どんな立場で物事を見るのか、どんな位置でみるのかによって、物事の見え方が違うという気づきを得るための探求を行います。

めざす職種・スキル

めざすスキル

CEFR

DXMでは、1年時にCEFR A2レベル以上、卒業要件としてB1レベル以上を設定しております。

ITパスポート取得(国家試験)

日本から世界に羽ばたく際に身分を証明するために「パスポート」が必要であるように、IT化が進んだ現代社会に羽ばたくために、社会人として必要な基礎的能力を有していることを国が証明する試験(パスポート)として「ITパスポート」が誕生しました。新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイルなど)の概要に関する知識をはじめ、経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。