Department of Chinese

外国語学部 中国語学科

  • TOP
  • 外国語学部 中国語学科

ますますグローバル化する国際社会で活躍できる人材の育成が、大学ひいては日本全体の急務となっています。
世界で第2 位のGDP を誇る中国、そして急成長してきたASEAN を視野に入れる時、アジアが21 世紀の主役の1 つとなります。
中国語学科では、コミュニケーションを重視した週8 コマの少人数クラスの中国語の授業のほか、教養と実践力を磨くさまざまな授業により、中国語を話し、さらに社会や文化を理解し、中国に精通した、国際的に活躍できる人材の育成をめざします。

中国語学科の特色

1グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と中国語専攻(CLM)を設置

GSMは中国語、英語を修得し、ビジネスや会計についても学びます。CLMでは中国語の修得とともに文化、歴史、社会なども学習。中国に精通した人材や中・高等学校の中国語科教員の育成をめざします。

24年間一貫少人数必修ゼミで一人ひとりをバックアップ

1年次:フレッシュパーソンセミナー、2年次:課題探求セミナー、3年次:専門領域研究講座、4年次:卒業研究と、4年間一貫の必修ゼミによるきめ細やかな少人数指導で、学生をサポートします。

3特徴ある進級要件

3年次に進級する要件として、GSMでは漢語水平考試(以下、HSK)4級または中国語検定4級程度、CLMでは、HSK5級または中国語検定3級程度の中国語運用能力が求められます。

4レベル別クラスの少人数授業で初心者でも着実にステップアップ

初心者、既修者、中国語環境で育った人(※)の3クラスを設置。少人数制で会話中心の授業を行い、実践的な中国語力を修得。中国語能力の向上と中国文化理解のため中国語圏各地で実地研修も行います。
※十分な日本語力が必要です。

めざす職種・資格

めざす職種

様々な業界で活躍しています

卸・小売 / サービス / 製造 / 運輸・郵便 / 不動産等 / 情報通信 / 金融・保険

めざす資格

漢語水平考試(HSK)

漢語水平考試(HSK)は、中国政府教育部の認定する中国語検定試験で、世界中で中国語能力の公的な証明として利用できます。難易度は1級(初級レベル)~6級(上級レベル)まで6つの段階に分かれ、近年多くの企業で昇進や採用に活用されています。

中国語検定試験(中検)

中国語検定試験(中検)は、日本中国語検定協会が実施する日本最大規模の中国語検定です。準4級(初級レベル)から1級(上級レベル)まで6つの段階に分かれています。社会的に認知度が高く、主に国内企業の就職活動の際に、語学力の指標として多く用いられています。

中学校教諭一種免許状(中国語)
高等学校教諭一種免許状(中国語)

中国語学科中国語専攻は教職課程を設置しており、所定の単位を修得することにより中学校及び高等学校の中国語の教員免許状を取得することができます。教職課程の履修、教育実習、教員採用試験など、教職に関するさまざまな課題は、教職課程センターが一人ひとり丁寧にサポートします。

先輩の紹介

語学力を伸ばせたのはもちろん
行動的な人間に生まれ変わりました

深山 陽向さん
外国語学部 中国語学科 卒業生・2020年

詳しく見る