不動産の話題 学生と教員の見方

不動産の話題 学生と教員の見方

住宅・不動産業界の専門紙「週刊住宅」2023年11月27日から連載がスタートした本学不動産学部・大学院不動産学研究科在学生・教員による記事。
「不動産の話題 学生と教員の見方」と題して、在学生が不動産に関する疑問と自分なりの解釈を述べ、教員がコメントを寄せています。ぜひご覧ください。

第1回 空き家活用と地域活性化 小寺海飛(3年) 第2回 DIY型賃貸借の契約方法 山野井千晴(3年) 第3回 人の繋がりに価値がつく時代 北浦陸碧(3年) 第4回 音楽愛好家がつくるDIY防音室 小林裕太(3年) 第5回 住宅セーフティネットの更なる強化を 斎藤真(3年) 第6回 家賃滞納者はどこまで守られるべきなのか 山本享司(3年) 第7回 原状回復ガイドラインは借主を守れているのか 山嵜大惟(3年) 第8回 守られるものは誰なのか 萩原拓人(3年) 第9回 人口が増加する木更津市 池部篤彦(4年) 第10回 アクアライン値下げと住宅市場 長谷川理音(4年) 第11回 アクアラインと木更津市の街づくり 檜山侑輝(4年) 第12回 高齢者が主役の街へ 高木皇輔(4年) 第13回 ペットと住める住宅 許冬晴(3年) 第14回 マンション価格と将来予想 長谷川拓也(3年) 第15回 経済変動と密接なオフィス 菅井悠汰(4年) 第16回 新型コロナ感染症と店舗価格 吉井優里彦(4年) 第17回 まち全体の活性化を考えた空き家活用 梅林佳暖(4年) 第18回 将来の区画再編と見据えた空き地活用 岩井克修(3年) 第19回 かみのやま独自のエリアマネジメント 高屋敷華子(4年) 第20回 創造性豊かな人々が集まってくるまちに 冨山波音(3年)