歯学部歯学科

臨床に強い歯科医師をめざして――。
超高齢社会を迎え、人口減少の時代が到来する中で、「いかに豊かな人生を送るか」というQOL(Quality of Life)が重要視されています。
歯学科では、歯科医療に関する確固たる知識・技術の修得をベースに、豊かな人間性や感性、広い視野、国際性を身につけます。
そして、歯科医療を通じて人々のQOLを向上させ、人々に生きる喜びを与え、国際未来社会で活躍し得る歯科医師を育成します。

歯学科の特色

1 感性を育てる徹底した基礎教育と少人数制

本学歯学部の教育の特色は、徹底した基礎教育と少人数制による専門教育です。1・2年次の基礎教育では、単なる一般教養ではなく、患者様の立場になって診療するための「感性を育てる科目」を多く設置しています。3年次以上の専門科目の一部と病院実習を行う5・6年次では、1グループ10人程度の少人数制で行われます。

2 国際性の涵養

国際性を身につけるための海外研修制度の充実も、本学の大きな特色の1つです。年間36人、5年生の4人に1人が参加し、研修費用は大学が全額負担します。研修先はアメリカ、イタリア、フィンランド、中国、メキシコなど世界各国に広がり、歯科事情が全く異なる国々で歯科医療の現状や最新事情について学びながら、現地学生と交流することができます。

3 確かな技術を修得する臨床実習

5年次から約1年間かけて取り組む臨床実習は、それまでに修得してきた知識や技能を携え、初めて医療現場に立つ機会です。併設する付属病院内の14の診療科およびPDI埼玉歯科診療所、高齢者施設などを回り、専門医の指導やアドバイスを受けながら診療実習を体験するだけではなく、治療のサポートを行ったり、高度な技術に接することによって、卒業後の臨床研修、そして来るべき歯科医師デビューに備えます。

4 卒業後サポート

臨床医として働くために卒業後1年間の臨床研修が義務づけられていますが、歯学科には約30年の歴史を有する臨床研修の専門機関(PDI)があり、治療計画から歯科医院の経営方法まで、総合的な知識・技術が修得できます。また、開業後にフォローアップが受けられる生涯研修(CE)制度もあり、万全のサポート体制を整えています。

カリキュラム

ピックアップ科目

歯周病学

歯周病学では、歯周病疾患の病因・病態を理解し、臨床における歯周疾患の診査、診断、治療計画、臨床手技の重要性などを把握した上で、基礎歯科医学と歯周治療学の両分野の関連性を理解していきます。

口腔外科学

この授業は、歯や顎骨、歯肉などに発生する炎症や腫瘍、外傷など手術を必要とする口腔内疾患を治療することを目的として、抜歯・縫合法から麻酔法、インプラントまで、患者の全身管理に関わる知識や技術を修得します。

歯科矯正学

歯・顎顔面頭蓋の正常な成長を理解し、これら諸構造の異常な成長発育により引き起こされる形態異常や不正咬合を改善して、機能や審美の回復のみならず、これらの予防も行う研究と臨床技術の向上をめざします。

歯科補綴学

喪失した歯とその周辺組織を、人工物(補綴物)に置換し、口腔諸機能を改善するとともに外貌を修復することを目的にしています。歯科補綴学は、全部・部分床義歯学およびクラウン・ブリッジ補綴学と3科目あり、超高齢社会の到来に伴いますます重要になってくる科目です。

教員メッセージ

どんな歯科医師になりたいか
未来へのビジョンを持つことがまず第一歩です

星野 倫範 教授

明海大学歯学部のポリシーは「臨床に強い歯科医師の育成」。1年生から勉強する習慣が身につくようカリキュラムが組まれており、3年生までに基礎系、4年生までに臨床系の各科を一通り学び、5年生で臨床実習を行います。6年生は国家試験対策を進めながらも、臨床の現場に立つ際に困らないよう知識を整理します。また海外留学制度によって、諸外国の提携大学で同じ志を持つ学生と意見交換をしたり、歯に対する意識の違いを知ることもあるでしょう。未来の歯科医師に求められるのは、専門性のより高い領域。インプラントや矯正など、専門スキルを磨くことが求められています。歯科医学という学問を究め、その先のビジョンをともに見る学生こそ、ぜひ入学してもらいたいと思います。

国家試験・臨床実習・研修

歯科医師国家試験

歯科医師になるためには、歯科医師に必要な歯科医学および口腔衛生など幅広い知識・技術やさまざまな素養を身につけ、厚生労働省が実施する「歯科医師国家試験」に合格しなければなりません。優れた歯科医師の養成に力を入れる歯学科の歯科医師国家試験過去3年平均合格率(新卒者)は、全17私立大学中2位の85.5%という結果を残しています。歯科医師国家試験はマークシート方式で行われ、基本的な知識を問う必須問題のほか、歯科医学・歯科保健医療に関する総論問題、歯科疾患の予防・管理や、臨床で必要となる歯内療法学や歯周病学、保存修復学、歯科補綴学、小児歯科学、歯科矯正学、口腔外科学、歯科放射線学など専門科目に関する臨床問題などから構成されています。

アカデミックアドバイザー
5年次および6年次においては、学生10人に対し、1人の若手教員がアカデミックアドバイザーとして配置され、学年主任、クラス主任と連携を図り、卒業・歯科医師国家試験受験に向けてきめ細かい学修指導が行われています。

臨床実習

患者様とのコミュニケーションは
学びと気づき、やりがいを教えてくれます

高校3年生の時に理系へコース変更したのですが、歯学科では入学後に化学や物理などの基本科目をしっかり学ぶため、基礎固めが再度できて非常に助かりました。1年生の時から先輩と一緒に付属病院の各科をまわる「臨床実習体験Ⅰ」や、全国からいらした先生方に歯科分野について学ぶ「歯科医学概論」など、1年生でも歯科に触れる機会はたくさんあります。さらに、2年生では口腔解剖学や解剖学実習があり、医療人としての自覚を強く持つようになりました。3・4年生では、勉強が忙しくなってくると同時に歯科臨床分野も始まり、むし歯や歯周病など一般的な治療のことから、外科などの大きな症例まで学んだり実習をしたり、いよいよ歯科医師をめざす実感が湧いてきます。初めてタービンを使って模型の歯に穴をあけた時はとても緊張しました。5年生になり、付属病院での臨床実習が始まると、実際に患者様と接することで日々学ぶことばかり。「がんばってね」と温かい言葉をいただくこともあり、心の通ったコミュニケーションの大切さも実感しました。また、高齢者施設にお伺いしたり、外科手術の見学をするなど、幅広いシチュエーションに触れたことは新たな気づきにもつながりました。アメリカへの留学も実現して、歯科医師としての夢は日々大きくなっています。自分のめざす道が実現できるよう、国家試験に向けてこれからも努力を続けていきます。

島田 遥 さん
歯学部 歯学科 6年(私立光塩女子学院高等学校 出身)

臨床研修歯科医

研修先:明海大学病院

現場に立って改めて感じる現実の難しさと先生方の偉大さ
もっと近くで見て、1つでも多く学びたい

明海大学歯学部では卒業後1年間の研修に3つのコースがあります。私は2つの開業歯科医院と付属病院の専門科で学ぶコースに所属しており、各研修先の先生方から治療法の考え方や専門科の知識を学んでいます。学生時代にもちろん歯科の知識をしっかり学んできましたが、実際の現場に立つと知識だけでは全くうまくいきません。今まで模型相手に何度も練習したことも、生身の人間に対しては状況も条件も毎回異なります。現場に立って初めて、当たり前のように治療をしている先生方のすごさを実感。そして、もっと近くで見て学ばなければならないと強く思いました。研修医として患者様に接するようになって、歯の健康を守る大切さ・意識をもっと伝えていきたいと考えるようになりました。口腔内への意識が変わると、歯磨きの回数が増えたり、定期検診に足を運んでいただけるなど、患者様の行動が変わります。治療だけでなく、健康のために歯科医師ができることを実践していきたいです。私は明海大学歯学部へ入学してよかったと、心から思っています。その理由は海外研修制度や国家試験対策など、6年間がとにかく充実していたからです。歯科医師として歩む道には、大学時代に得た大きな糧が活かされています。

小林 彩香 さん
歯学部 歯学科 2018年3月卒業(私立西武学園文理高等学校 出身)

海外研修制度

留学先:アメリカ カリフォルニア大学ロサンゼルス校(10日間)

患者様の希望を尊重する姿勢に
自分の目標も大きく影響を受けました

アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の学生たちは、一人ひとりが「どのような歯科医師になりたいか」を深く考えており、積極的に行動する姿がとても印象的でした。また、患者様の人生や生活スタイルが治療時に尊重されており、その希望をかなえるための治療が行われていたのも大きな発見です。私自身も「患者様のことを第一に考えられる歯科医師」になることが目標になりました。

歯学部 歯学科 6年
安田 耕太 さん(私立目黒学院高等学校 出身)

留学先:アメリカ テキサス大学サンアントニオ校(11日間)

日本との違いに驚きながらも
多くの学びを得て、視野が広がりました

前年の海外研修に参加した先輩方から話を聞いて、最も魅力的だったのがテキサス大学でした。現地で驚いたのは、実際の患者様の治療計画を学生自らが立て、先生に確認しながら診療を進めていたことです。1人の患者様にかける時間も長く取られており、ていねいな対応で仕上がりもきれいでした。感染対策も徹底されており、学ぶべきところはとても多かったです。留学で視野が広がり、また現地の学生の姿勢に大きく影響を受けました。

歯学部 歯学科 6年
土田 陽愛 さん(私立立命館守山高等学校 出身)

研修先一覧(2018年度)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修先 期間 人数 大学が負担する費用

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アメリカ)

10日間 5人 全額大学負担

アラバマ大学バーミングハム校(アメリカ)

11日間 5人

テキサス大学サンアントニオ校(アメリカ)

11日間 5人

タフツ大学(アメリカ)

6日間 2人

メキシコ州立自治大学(メキシコ)

11日間 5人

北京大学口腔医学院(中国)

8日間 5人

空軍軍医大学(中国)

8日間 5人

トゥルク大学フィンランド)

8日間 2人

シエナ大学(イタリア)

8日間 2人

教員リスト

[形態機能成育学講座]
■教授 

天野 修(解剖学)/ 羽毛田慈之(口腔解剖学)/ 村本和世(生理学)/ 星野倫範(口腔小児科学)/ 須田直人(歯科矯正学)

■准教授 

﨑山浩司(解剖学)/ 佐藤卓也(口腔解剖学)/ 関 みつ子(口腔小児科学)/ 真野樹子(歯科矯正学)/ 大塚雄一郎(歯科矯正学)

■講師

坂東康彦(解剖学)/ 杉田憲司(生理学) / 栗原琴二(生理学)/ 吉田美香子(口腔小児科学)/ 荻原 孝(口腔小児科学)/ 佐々木 会(歯科矯正学)

[口腔生物再生医工学講座]
■教授

友村明人(生化学)/ 大森喜弘(微生物学)/ 申 基喆(歯周病学)

■准教授 
天野 滋(微生物学)/ 林丈一朗(歯周病学)

■講師 
坂東健二郎(生化学)/ 廣井美紀(基礎生物学)/ 宮崎裕司(基礎生物学)

[機能保存回復学講座]
■教授
大川周治(歯科補綴学)/ 藤澤政紀(歯科補綴学)/ 岡本和彦(歯科補綴学)/ 横瀬敏志(保存治療学)/ 大岡貴史(摂食嚥下リハビリテーション学)/ 松田 哲(オーラル・リハビリテーション学)/ 下島孝裕(オーラル・リハビリテーション学)

■准教授
日比野靖(歯科生体材料学)/ 増田宜子(保存治療学)

■講師
長沢悠子(歯科生体材料学)/ 曽根峰世(歯科補綴学)/ 鳴海史子(歯科補綴学)/ 佐藤雅介(歯科補綴学)/ 三浦賞子(歯科補綴学)/ 小林健二(保存治療学)/ 門倉弘志(保存治療学)/ 市村 葉(保存治療学)/ 高野安紀子(オーラル・リハビリテーション学)/ 鈴木玲爾(オーラル・リハビリテーション学)/ 溝部健一(オーラル・リハビリテーション学)

[病態診断治療学講座]
■教授

草間 薫(病理学)/ 安達一典(薬理学)/ 鈴木正二(総合臨床歯科学)/ 荒木久生(総合臨床歯科学)/ 鬼頭慎司(歯科放射線学)/ 嶋田 淳(口腔顎顔面外科学)/ 坂下英明(口腔顎顔面外科学)/ 竹島 浩(高齢者歯科学)/ 小長谷 光(歯科麻酔学)/ 坂 英樹(歯科法医学)

■准教授
菊池建太郎(病理学)/ 村上幸生(総合臨床歯科学)/ 高橋伸年(歯科放射線学)/ 龍田恒康(口腔顎顔面外科学)/ 森 一将(口腔顎顔面外科学)/ 虻川東嗣(口腔顎顔面外科学)/ 大野由夏(歯科麻酔学)

■講師
西村学子(病理学)/ 田島雅道(薬理学)/ 溝口尚子(薬理学)/ 岡田典久(総合臨床歯科学)/ 小澤智宣(歯科放射線学)/ 重松久夫(口腔顎顔面外科学)/ 福田正勝(口腔顎顔面外科学)/ 奥 結香(口腔顎顔面外科学)/ 原 八重子(口腔顎顔面外科学)/ 田村暢章(高齢者歯科学)/ 髙木沙央理(歯科麻酔学)

[社会健康科学講座]
■教授 
山内雅司(医療情報科学)/ 竹下 玲(口腔衛生学)

■准教授
松本 勝(スポーツ歯学)

■講師
深井智子(口腔衛生学)/ 宮澤 慶(口腔衛生学)/ 牧野兼三(障がい者歯科学)/ 古谷貴彦(基礎数学、統計学)

[総合臨床医学講座]
■教授 
長谷川彰彦(内科学)/ 野村 務(耳鼻咽喉科学)

■准教授
樺澤 昌(眼科学)

[歯科医学総合研究所]
■教授
坂上 宏

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

歯学部講座編成はこちらからご覧ください。