経済学部経済学科

経済学科では、大学で学んだ知識(総合力としての経済学)を将来の進路・場面に応じて実践的に使いこなし、自分自身に役立てるようにする「理論と実学の融合」を教育目標として掲げています。
社会常識・経済学の基礎となる地域社会から国際社会までの幅広い教養と、公共政策・金融・経営・会計・財務など各分野の高度な能力を兼ね備えた、現代グローバル経済社会を力強く生き抜くビジネスパーソンを育成します。

経済学科の特色

1 目的に応じたコース

経済学科は、経済学全般を幅広く学ぶグローバル経済コースと会計や財務などの企業経営に関する知識を修得するグローバル経営コースに分かれています。また、どちらのコースもグローバル経済と地域社会、それぞれについて深く追究していきます。

2 4年間一貫少人数必修ゼミ

教員と学生の距離を近づけてきめ細やかな指導を行う少人数教育を重視。1年次の「フレッシュパーソンゼミ」、2年次の「プレゼミ」、3、4年次の「専門ゼミ1、2」と4年間一貫の必修ゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にバックアップ。東北復興インターンシップをはじめとする就業体験、市民活動ボランティアなど、そのための各種体験プログラムも多彩に用意しています。

3 確かな力をつける進級要件

経済学科では学修の成果としての資格取得などを積極的に支援するとともに、3年次への進級の要件として、経済学検定試験(EREミクロ・マクロ含む。)B以上など※の取得が必要となります。そのために、直前講座や補習、個人指導など万全のサポート体制を整えています。プレゼミでは相談窓口を設けています。また、これ以外にも資格取得のための授業や講座が多数用意されています。
※各コース共通の特別クラスについては、日商簿記検定2級

4 就職をバックアップするキャリア講座

就職に強い経済学科をめざして、コース共通の特別講座である「キャリア講座」を開設。学生に人気の秘書技能検定やMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)試験対策講座など、資格取得の対策講座や国際理解、地域貢献、体験学習などを通じて、就職力を高めるプログラムとなっています。

カリキュラム

ピックアップ科目

統計学入門Ⅰ・Ⅱ

講義と演習を繰り返しながら、データの分析方法を学びます。膨大なデータから必要
なものを用途に合わせて抽出する力と、図や表に加工してデータの特徴を明らかにす
る力、データ分析を他者に説明する力を養います。

海外研修Ⅰ・Ⅱ

アジア諸国における経済活動(現地企業の活動や日本政府関連機関の現地での活動)
を視察・体験します。研修先国の社会と経済について事前学習し、現地学生との交流
を実践することでコミュニケーション能力を身につけます。

実践経済学Ⅰ・Ⅱ

ミクロ経済、マクロ経済に関する知識を土台にして、現実の経済現象を解き明かす方
法を身につけます。また、経済学に関する演習問題を解くことで実践的な力をつける
ことを目標にしています。

人的資源管理論Ⅰ・Ⅱ

企業を構成する経営資源の中の「ヒト」に焦点を当て、企業内の人事管理について考
えます。主に雇用管理・報酬管理・労使関係管理の3要素を中心に、統計データやケーススタディを交えて学びます。

教員メッセージ

何事も失敗を恐れずに挑戦し続ける勇気
経済学を得て、新しい自分へ

萩原 里紗 講師

経済学部の特色は、経済学全般を幅広く学ぶ「グローバル経済コース」と、会計や財務などの企業経営に関する知識を修得する「グローバル経営コース」の2コース制をとっていることです。両コースとも、進級の際には検定取得が課されており、知識の修得だけでなく、新しいことに挑戦する力を養うことができます。海外研修や東北復興インターンシップ等、勉学以外にもチャレンジの機会が多く設けられているのも特徴です。何かに挑んだ経験の有無は、卒業後の人生にも大きく影響するもの。例え失敗したとしても、それを分析して次に活かすことで人は成長できます。果敢に挑戦し、大学時代に何かを残したい…そんな意欲あふれる皆さんをお待ちしています。

資格

国家公務員・地方公務員試験

国や地域行政を支える公務員は、人気が高い目標進路の1つ。経済学科では国家公務員や地方公務員など、難関公務員上級職をめざす学生向けに進路に直結したプロジェクトを実施しています。公務員になるためには採用試験に合格するための幅広い知識を修得することはもちろん、公務員に求められる資質も身につけなければなりません。「公務員講座」「ミクロ・マクロ経済学」などの授業を組み合わせて受講すれば、高度な経済学関連の専門知識からリーダーシップ、心構えまで幅広く身につけることができます。また、公務員をめざす学生たちのサークルもあり、積極的に活動しています。ぜひ加入して、夢をかなえましょう。

留学

留学先:香港

自らの目で見るからこそ、実感できる
日本と海外の違いとつながり

海外研修に参加するにあたり、香港の教育事情や訪問先企業について調べ、情報を得た上で臨みました。到着後、金融管理局や幾つかの企業を訪問して、実際に現地で働く日本人へインタビューも実施。法律や制度の違いだけでなく、働き方や女性の就労状況など価値観での違いも実感しました。自分の足で出向き、自分自身で見聞きすることで初めて分かることがたくさんあります。日本と海外の関係に興味を持つようになったため、将来は外国人と接する仕事に就きたいです。大学生のうちに、再度の留学やアルバイトなど将来に向けたチャンスをつかみ、全力で取り組みたいと思います。

加藤 未来 さん
経済学部 経済学科 3年(私立第一学院高等学校 出身)

主な留学・研修先(2018年度実績)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修・留学先 期間 人数

費用概算( )内は自己負担額概算

シーキューユニバーシティ(オーストラリア)

22日間 12人

48万円(全額大学負坦)

香港 6日間 4人

14万円(7万円)

ニュージーランド 7日間 3人

28万円(14万円)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。
※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金および現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

進路

就職先:スターツグループ

がんばったことは必ず結果になる
自分を見つめ直し、進む道を見つけました

3年生の春から説明会に参加し始め、「自分がどのように働きたいのか」を少しずつ探していきました。就職先企業は不動産・金融・出版・IT・レジャー・高齢者支援・保育…など多事業展開をしており、どれも時代に必要とされている事業です。幅広くトライできる環境に大きな魅力を感じ、ここで将来に向けて挑戦していこうと決意しました。内定後、「論理的な説明、話し方、笑顔がよかった」とコメントをいただいたのですが、当初からこのように振る舞えていた訳ではありません。何度も採用試験を受け、自分を見つめ直し、また就活コーチやゼミの先生のサポートがあったからこそ、今の自分があります。

三浦 優平 さん
経済学部 経済学科 2019年3月卒業(私立昭和第一高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]

あさひ、朝日信用金庫、イオン、伊藤忠アーバンコミュニティ、浦安市消防本部、エイチ・アイ・エス、大多喜町役場、ぐるなび、警視庁、ケーズホールディングス、小池酸素工業、小島電機工業、佐川急便、サマンサタバサジャパンリミテッド、ザラ・ジャパン、資生堂ジャパン、島忠、JALナビア、スターツコーポレーション、スタジオアリス、住友不動産販売、生活協同組合コープみらい、綜合警備保障、そごう・西武、ZOZO、大東銀行、千葉県警察本部、千葉興業銀行、東京シティ信用金庫、東京消防庁、東洋証券、東洋水産、鳥取県庁、ドン・キホーテ、成田国際空港、日本郵便、日本航空、日本生命保険相互会社、日本マクドナルド、ニュー・オータニ、野村證券、バンダイナムコアミューズメント、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ファミリーマート、ブリヂストン、防衛省自衛隊、北陸銀行、鉾田市役所、みずほフィナンシャルグループ、渡辺パイプ

教員リスト

■教授
影山純二(マクロ経済学)/ 川村文子(財務管理論)/ 軍司裕昭(東洋経済史)/ 佐々木康史(ミクロ経済学)/ 下田直樹(社会保障論)/ 武田和夫(財務会計論)/寺村絵里子(人的資源管理論)/ 原 孝公(税法)/ 廣部恒忠(経済数学、計量経済学)

■准教授
大石隆介(ミクロ経済学、金融論)/ 岡村龍輝(経営戦略論)/ 小黒曜子(国際金融論)/ 嶋根政充(経営管理論、人的資源管理論)/ 友利厚夫(上級ミクロ経済学)/ 永井攻治(経済学概論、公共政策)/ 中澤栄一(国際経済学、計量経済学)/ 中平千彦(応用マクロ経済学)/ 宮﨑礼二(アメリカ経済論)/ 吉田 敦(日本経済史)

■講師
蟹澤啓輔(財政学)/ 萩原里紗(統計学)

■特任准教授
ー川晴夫(ファイナンシャル・プランナー)

[共通科目(人間力形成教育)担当教員]
■教授
新井 啓(ファイナンス)/ 矢島ますみ( スポーツ社会学、舞踊教育学)

■准教授
中島達洋(数学〈表現論・代数的組合せ論〉)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。