浦安キャンパスの教育システム

実学志向の実践的教育

浦安キャンパスは、建学の精神「社会性・創造性・合理性を身につけ、広く国際未来社会で活躍し得る有為な人材の育成をめざす」に基づき、「人間力形成教育」「キャリア形成教育」「専門教育」、さらにこれらを支える「基礎教育」をバランス良く配置し、実学志向の実践的教育を行っています。カリキュラム(教育課程)は、各学部学科における教育を横断的にサポートする「共通科目」と各学科独自の「専門科目」という2つの学修区分から編成され、この2つの側面を4年間を通して学修することにより、社会人基礎力を養成します。

基礎教育

「基礎教育」は、入学後の初年次教育の一環として、大学で学ぶことの意味をしっかりと理解し、自発的な学修を促す動機づけの教育です。対人関係能力を含むコミュニケーションスキル、論理的推論、情報リテラシーなどの学修を通じて、学生生活はもちろんのこと卒業後の社会人生活において必要とされる知識やスキルの基本を学びます。

学修の基礎I(スタディプロモーション)

明海大学を知り、理解を深めることで、どのように4年間を主体的に学び過ごしていくのかを考える授業。30人前後のクラスを編成し、その中で少人数グループワークによって発案、調査、相談、決定、発表の手法を学び、友人づくりやコミュニケーション能力の向上を図ります。

学修の基礎II(コミュニケーションスキル)

コミュニケーションができるとは、相手の話を的確に理解し、自分の意見を正確に表現・伝達できることを意味します。本学教員が作成した独自の教材で、コミュニケーションスキルの向上を図ります。

学修の基礎III-a(論理的推論)

正解のない課題に対して最善解を求めていく力、さらにそこから自分の創造性と合理性を高めるロジカルシンキング(推論)の基本を身につけることをめざします。実生活での論理的思考力を高めるトレーニングを行っていく授業です。

学修の基礎III-b(情報リテラシー)

情報社会とはどのような社会か。また、これらを支える技術はどのようなものかを理解し、インターネットやPC端末を用いたコミュニケーション手法を学びます。さらに、この便利さの裏にある危険性や情報倫理についても学びます。

外国人留学生に対する日本語教育
<対象:外国人留学生特別入学試験による入学者>

大学における学修効果を向上させるため、外国人留学生に対する日本語教育を充実・強化しています。

人間力形成教育

「人間力形成教育」では、幅広い分野の学問から自発的に学修計画を立てることによって、実社会のさまざまな場面で自ら課題を発見し解決していくことを可能にする力、社会性・創造性・合理性からなる人間力を育成します。また、コミュニケーションのベースとなる語学や世界の文化や歴史への理解を深め、明海大学の建学の精神「国際未来社会で活躍し得る有為な人材の育成」の具現化を図ります。

人間形成

  • 人間存在の課題
  • 社会生活と倫理
  • 文学の世界 
  • 人類と文化
  • 美とは何か 
  • 記号と論理※
  • コミュニケーション論
  • 心理学 
  • からだと健康
  • 日本人の生活意識
  • 性格とは何か
  • 生命と遺伝子
  • スポーツ科学講義
  • スポーツ科学演習
  • ボランティア講義
  • ボランティア活動※
  • 人間形成ゼミナール

国際理解

  • 日本の歴史
  • 国際関係論
  • 国際貢献論
  • 民族と宗教
  • 異文化コミュニケーション論
  • 日本語と日本文化
  • フランス語とフランス文化
  • ドイツ語とドイツ文化
  • スペイン語とスペイン文化
  • 韓国語と韓国文化
  • 中国語と中国文化
  • 英語文化研究
  • 異文化実地研修※
  • 国際理解ゼミナール

社会生活

  • 法学 
  • 日本国憲法
  • 経済のしくみ 
  • 社会と生活※
  • 政治のしくみ 
  • 社会思想史※
  • 日本企業論※
  • 地理と環境※
  • 自然環境論 
  • 都市と生活※
  • 生活と安全
  • 行動科学
  • データのまとめ方
  • 数理の世界
  • 身近な物理※
  • 現代物理のはなし※
  • 身近な化学
  • 科学技術と社会
  • 社会生活ゼミナール

※外国語、経済、不動産、ホスピタリティ・ツーリズム学部対象科目