外国語学部英米語学科

英語による実践的なコミュニケーション能力の修得と、その能力の基盤となる言語的・文化的背景の理解、これが、英米語学科の基本的な教育目標です。
さらに、グローバル社会の進展を見据え、複言語能力(英語+日本語+中国語)と国際教養(諸外国の文化・社会・ビジネスに関する基礎知識)の涵養もめざします。
これらの目標を達成するため、英米語学科では、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と英米語専攻(ELM)という2 専攻を設け、学生それぞれの将来の希望や資質を踏まえた高度な専門教育を提供し、卒業後の進路の実現をめざします。

英米語学科の特色

1 目的に応じた専攻

英米語学科は、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と英米語専攻(ELM)に分かれており、GSMでは実践的英語力とビジネス思考力を身につけ、グローバルな企業や機関で活躍できる人材を育成します。ELMでは高度な英語運用能力と異文化に関する知識を身につけ、国内外の民間企業で活躍できる人材の育成、中学校、高等学校の英語科教員養成をめざします。

2 4年間一貫少人数必修ゼミ

教員と学生の距離を近づけてきめ細やかな指導を行う少人数教育を重視。1年次の「フレッシュパーソンセミナー」、2年次の「課題探求セミナー」、3年次の「専門領域研究講座」、4年次の「卒業研究」と4年間一貫の必修ゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にサポートします。

3 特徴ある進級要件

英語力が必須となる未来社会を見据え、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)および英米語専攻(ELM)とも、3年次進級時にCEFR Bレベル以上の英語力※が求められます。レベル別の実践的授業を必修科目として用意しているため、高い成果をあげることができます。
※英検、TOEFL(iBT)®、TOEI C®L&R、その他スコアを参考にする場合があります。

4 学科独自の就職サポート

企業の第一線で働く社会人による講演会、人気業種へ就職した卒業生との懇談会や相談会、マナー講座など、就職に直結した学科独自の就職支援活動を行っています。

カリキュラム

ピックアップ科目

異文化コミュニケーション概論

異なった文化背景を持つ人々とのコミュニケーションという視点から、過去を調べ、現在を分析し、未来を予測することで、多文化共生、非言語メッセージの諸相、コミュニケーション能力、異文化理解における言語技能などを考察します。

Advanced Research & Presentation Skills

研究課題の策定、文献のレビュー、方法論の構築、データ収集など、研究に必要なスキルを学ぶことで、英語による学術研究やプレゼンテーションを行う能力を養います。

GSM海外研修

シンガポールなど海外のビジネスの現場を見学し、日系企業の訪問を通して意見交換することで、グローバルビジネスの課題と魅力を探っていきます。

北アメリカ研究

アメリカ合衆国を中心にすえた北アメリカと日本との歴史的な関係を念頭に置きなが
ら、政治・文化・経済・法律などさまざまな視点から学習します。自分の考えを積極的に発言し、お互いの意見を尊重しながらより思考を深めていきます。

教員メッセージ

さまざまな角度から世界を見ることで
自分だけの意見を英語で「伝えられる」力

小谷 哲男 准教授

国際社会での日々のニュース、複雑化する国際問題は、実は私たちの毎日と密接に関わっています。英米語学科のカリキュラムでは、進級要件を課して英語技能を磨くことのほか、国際情勢や異文化などを専門的に学ぶことで、国際社会で求められる人材を育成しています。英語はあくまでコミュニケーションの手段ですが、単純な英語の受け答えは人工知能やロボットでまかなえても、心と思考が伴った会話は人間にしかできません。その素養を養うためにも、大学ではさまざまな視点から世界を見つめ、自分の意見を持てる人間になってもらいたいと思います。英語を自由に操るだけでなく、翻訳や通訳のプロ、英語教員をめざしたり、あるいは英語圏の文化とビジネスへの理解を深めることで、国際未来社会で活躍する皆さんに期待しています。

資格

実用英語技能検定(英検)
TOEIC®L&R

高度な英語運用能力を効率的に修得するために、英米語学科ではさまざまな資格取得を推奨しています。中でも、実用英語技能検定(以下、英検)とTOEIC®L&Rは、英語力向上のためだけでなく、海外留学や就職活動など、さまざまなシーンで求められます。「Preparation for TOEIC」というTOEIC®L&R対策の授業やネイティブスピーカーとの英会話、留学制度などを積極的に活用し、多彩な資格取得をめざしましょう。

中学校教諭一種免許状(英語)
高等学校教諭一種免許状(英語)

英米語学科英米語専攻は教職課程を設置しており、所定の単位を修得することにより中学校および高等学校の英語の教員免許状を取得することができます。教職課程の履修、教育実習、教員採用試験など、教職に関するさまざまな課題は、教職課程センターが一人ひとり丁寧にサポートします。

留学

留学先:アメリカ カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)

留学に結びついたのは日々の積み重ね
目標に向けて努力することで、将来の夢も見えてくる

入学当初からアメリカへの留学に興味があり、実現をめざして勉強に取り組んできました。1年生の時は週70個の英単語の習得を自分に課して、とにかく目標に向けて努力。結果につながり、留学が決まった時はとても嬉しかったです。UCLAの授業では、国籍の異なる学生とグループディスカッションを行うのですが、他国の学生との交流を通して、英語以外の複言語・複文化に触れる機会もあり、国際社会への意識が高まりました。自動車産業に興味があり、将来は貿易会社や商社で語学力を活かして働きたいと思っています。日本の自動車メーカーの素晴らしさを海外に伝えるため、これからも努力を続けていきたいです。

神谷 星香 さん
外国語学部 英米語学科 4年(私立わせがく高等学校 出身)

主な留学・研修先(2018年度実績)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修・留学先 期間 人数 費用概算( )内は自己負担額概算

カンタベリー・クライストチャーチ大学(イギリス)

23日間 10人

52万円(35万円)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アメリカ)

22日間 10人

60万円(全額大学負担)

シーキューユニバーシティ(オーストラリア)

29日間 7人

63万円(43万円)

アルバータ大学(カナダ)

9か月 3人

182万円(142万円)

※費用概算の()内は自己負担額概算。 
※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。
※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金および現地での生活費が必要となります。また、留学・研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

進路

就職先:楽天株式会社

就活コーチや横断面接で
部活動と両立した就職活動ができました

サッカー部に所属していたので、部活と就職活動の両立が自分にとって一番の課題でした。明海大学では学生一人ひとりに就活コーチがつき、就職活動の方向性を相談したり、面接指導もしてもらえます。私の場合、担当以外のコーチにも面接練習をお願いすることで、初対面の相手と本番同様の練習を重ねました。入学当初から努力してきたTOEIC®L&Rのスコアやサッカー部での実績など、大学生活でがんばってきたことが就職活動では大きな武器になったことも、自信につながりました。就職後、まずは目の前の仕事にひたむきに取り組み、成長していきたいです。

安藤 真樹 さん
外国語学部 英米語学科 2019年3月卒業(千葉県立 市原八幡高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]

青山商事、アドービジネスコンサルタント(ABC)、市川市役所、ANAエアポートサービス、ANAスカイビルサービス、ANA成田エアポートサービス、エイチ・アイ・エス、花王グループカスタマーマーケティング、カネボウ化粧品販売、木更津総合高等学校、GINZA SIXリテールマネジメント、近鉄不動産、空港ターミナルサービス、警視庁、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、コストコホールセールジャパン、ザ・ギンザ、ジェイアール東海パッセンジャーズ、ジェイ・エス・エス、JTB、JTBビジネスネットワーク、JALサンライト、JALスカイ、JALナビア、春秋航空、スカイマーク、住友生命保険相互会社、生活協同組合コープみらい、袖ケ浦市教育委員会、ダイハツ千葉販売、千葉県教育委員会、千葉信用金庫、東京都教育委員会、東天紅、東武トップツアーズ、十日町市役所、成田市役所、日本郵便、日本航空、バニラ・エア、羽田エアポートエンタープライズ、阪急トラベルサポート、韓進インターナショナルジャパン、東日本旅客鉄道(JR東日本)、防衛省 陸上自衛隊、星野リゾート、ホテルオークラ東京ベイ、みずほフィナンシャルグループ、モンクレールジャパン、ヤフー、横芝光町役場、楽天、ロクシタンジャポン

教員リスト

■教授
Jesse Glass, Jr.(アメリカ文学)/ 大津由紀雄(認知科学、言語学)/ 河原伸一(産業翻訳論、国際関係論)/ 小林裕子(司法通訳研究)/ 嶋田珠巳(英語学、言語学)/ 高田智子(英語教育学)/ 津留﨑毅(英語学、言語学)

■准教授
Keiko Nakamura(言語心理学)/ 川成美香(社会言語学)/ 小谷哲男(国際政治学)/ 原 和也(異文化コミュニケーション)/ 松井順子(英語音声学、言語学)

■講師
菊地翔太(英語史、歴史社会言語学)/ 熊谷学而(言語学、音声学)/ 内藤貴子(児童文学)/ 濱田 彰(英語教育、第二言語習得)/ 前田隆子(英語教育学)

[教職課程担当教員]
■教授
石鍋 浩(教員養成・教職課程)/ 大池公紀(教員養成・教職課程)/ 木内和夫(教員養成・教職課程)/ 坂本純一(教員養成・教職課程)/ 高野敬三(教員養成・教職課程)/

■准教授
金子義隆(英語科教育)/ 樋口倫子(教育心理学)/ 百瀬美帆(英語科教育)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

英米ジャーナル

英米語学科の活動報告誌「英米ジャーナル」では、ゼミ紹介や海外英語研修、インターンシップ、国内・海外ボランティア、暗唱・スピーチコンテスト、就職活動等について、学生が自らの活動体験を綴っています。また、社会で活躍する卒業生からの寄稿も充実しています。