ニュース

2013.09.30 その他

不動産の不思議 学生たちの視点と発見

住宅・不動産業界の専門誌「住宅新報」2013年9月24日発行号から連載がスタートした本学不動産学部・大学院不動産学研究科在学生による記事。
「不動産の不思議 学生たちの視点と発見」と題して、在学生が不動産に関する疑問と自分なりの解釈を述べています。今後、「住宅新報」に掲載された翌週に本学公式HPでも掲載しますので、ぜひご覧ください。

第320回 マンション開発とデザイン 朽方勇祐(3年) 第319回 空き家再生による地域の活性化 小池怜(3年) 第318回 土地利用のあり方 蓜島三弥(3年) 第317回 土地と共生する低層マンション 川崎優太(2年) 第316回 団地の中庭 前崎友佑(2年) 第315回 交差点に面したオープンスペース 菅沼勇利(2年) 第314回 スキップフロアの住宅 菰澤萌々(2年) 第313回 片持ち梁の古いビル 吉田勝(2年) 第312回 工夫のある提供公園 朽方勇祐(3年) 第311回 歩車の分離と共存 小池怜(3年) 第310回 こどもひろば 蓜島三弥(3年) 第309回 景色になった木のベンチ 小池怜(3年) 第308回 ゴミ置き場の将来 蓜島三弥(3年) 第307回 屋外広告物の安全確保 金子信孝(3年) 第306回 用途変更による街並み形成 小池怜(3年) 第305回 イギリスの立体駐車場 蓜島三弥(3年) 第304回 ベランダの可能性 菰澤萌々(2年) 第303回 鉄道高架下に動く歩道 朽方勇祐(3年) 第302回 二世帯で使う住宅 藤澤美月(3年) 第301回 日本の郊外開発 蓜島三弥(3年) 第300回 レンガタイルの戸建て住宅 小池怜(3年) 第299回 二世帯住宅の暮らし 菰澤萌々(2年) 第298回 公衆トイレの魅力 尾形珠緒(1年)※記事内の回数に誤りがあります 誤)299回 正)298回 第297回 公園のカフェ 吉田勝(2年)※記事内の回数に誤りがあります 誤)298回 正)297回 第296回 個性的なアパート 若生快永(2年) 第295回 歩道の植栽 朽方勇祐(3年) 第294回 太陽が当たる家 小池怜(3年) 第293回 暮らしに根付くベランダ 本多颯汰(3年) 第292回 レンタルボックスの活用 小池怜(3年) 第291回 山門一体のホテル 金子信孝(3年) 第290回 団地型社宅の再生 高橋佑介(大学院博士前期課程2年) 第289回 ゆとりある社宅の造り 吉田勝(2年) 第288回 急勾配屋根の3階建て 若生快永(2年) 第287回 親しまれる不動産 蓜島三弥(3年) 第286回 コミュニティ道路 尾形珠緒(1年) 第285回 価値を高めるデザイン 小池怜(3年) 第284回 下町と近代的ビルをつなぐ歩道橋 金子信孝(3年) 第283回 景観の考え方 本多颯汰(3年) 第282回 高級住宅街の土地と建物 吉田勝(2年) 第281回 地中化の先へ 朽方勇祐(3年) 第280回 台形の角地の解決策 若生快永(2年) 第279回 道路に面する高層住宅 小池怜(3年) 第278回 高圧線下の土地利用 朽方勇祐(3年) 第277回 住宅街に溶け込むテラスハウス 小池怜(3年) 第276回 海沿いの住宅 本多颯汰(1年) 第275回 奇抜な嫌悪施設 金子信孝(2年) 第274回 埋立地の短所を克服 武田亜輝士(4年) 第273回 高級住宅街の植栽 吉田勝(1年) 第272回 活用進む駅近の高架下 若生快永(1年) 第271回 無電柱化と街のデザイン 武田亜輝士(4年) 第270回 キューブ型ハウス 朽方勇祐(2年) 第269回 超高齢化社会の横断歩道 蓜島三弥(2年) 第268回 受け継がれる土地 武田亜輝士(4年) 第267回 邸宅の門 武田亜輝士(4年) 第266回 木造の事務所 小池怜(2年) 第265回 21世紀の課題に挑戦 本多颯汰(2年) 第264回 減少する庇を考える 朽方勇祐(2年) 第263回 大阪万博に向けた街づくり 金子信孝(2年) 第262回 勾配が急な屋根 朽方勇祐(2年) 第261回 海浜公園にたたずむ管理棟 岩井裕樹(4年) 第260回 工事の適正を明示する 武田亜輝士(4年) 第259回 広大な敷地の団地の魅力 内藤希(4年) 第258回 一建築物一敷地の原則 西川美波(4年) 第257回 遊び心感じる人気の街 蓜島三弥(2年) 第256回 多発する災害に備える 佐藤真誠(3年) 第255回 おしゃれな外観デザイン 内藤希(4年) 第254回 住みたくなるマンション 朽方勇祐(2年) 第253回 環境と共生するマンション 中村大智(3年) 第252回 無秩序な形のマンション 吉田勝(1年) 第251回 特徴のある屋根のアパート 小池怜(2年) 第250回 隣地との間隔が狭い建物 本多颯汰(2年) 第249回 新築タワーマンションの民泊 金子信孝(2年) 第248回 立体交差の安全と危険 生武諒(3年) 第247回 余裕をなくした建築物 若生快永(1年) 第246回 オブジェのような防災井戸 内藤希(4年) 第245回 外観デザインが高める価値 平山暁寛(3年) 第244回 ブルックリンスタイルの家 西川美波(4年) 第243回 戸建て住宅の門扉 吉田勝(1年) 第242回 2軒の住宅と駐車場 小池怜(2年) 第241回 傾斜地に立つマンション 本多颯太(2年) 第240回 大型遊具も免震の時代へ 金子信孝(2年) 第239回 小さな窓がある家 朽方勇祐(2年) 第238回 工夫された戸建て住宅 蓜島三弥(2年) 第237回 閉ざされた公園 佐藤真誠(3年) 第236回 バルコニーのデザイン 中村大智(3年) 第235回 忙しい都心の静かな空間 西川美波(4年) 第234回 海岸の土地 武田亜輝士(4年) 第233回 地下道のイメージ 内藤希(4年) 第232回 教習所の住宅地利用 蓜島三弥(2年) 第231回 100メートル道路 本多颯太(2年) 第230回 都市インフラと不動産の共存 金子信孝(2年) 第229回 住宅地の自動販売機 西川美波(4年) 第228回 溶け合う空間 武田亜輝士(4年) 第227回 タウンハウスの可能性 朽方勇佑(1年) 第226回 緑道の役割 内藤希(3年) 第225回 駐車場のつくり方 蓜島三弥(1年) 第224回 海辺の住宅地 本多颯太(1年) 第223回 免震構造のランドマーク 金子信孝(1年) 第222回 屋根の力 武田亜輝士(3年) 第221回 海岸堤防のなごり 朽方勇佑(1年) 第220回 住宅街の遮音壁 西川美波(4年) 第219回 街の個性を守る 内藤希(3年) 第218回 大型マンションと駐車場 蓜島三弥(1年) 第217回 ヴィンテージマンション 金子信孝(1年) 第216回 バランス釜 本多颯汰(1年) 第215回 都市の景観を守る 川本和輝(3年) 第214回 左右を反転させた家 朽方勇祐(1年) 第213回 シンプルな木造住宅 武田亜輝士(3年) 第212回 クルドサック道路 内藤希(3年) 第211回 生きている町並み 西川美波(3年) 第210回 様々なドライエリア 池羽七海(4年) 第209回 緑地公園を生かす 武田亜輝士(3年) 第208回 真四角を用いた家 櫻庭修子(4年) 第207回 彫刻のような建物 武田亜輝士(3年) 第206回 超高層ビルのガラス壁 池羽七海(4年) 第205回 ラウンドアバウト 武田亜輝士(3年) 第204回 利便性に付け加えるもの 池羽七海(4年) 第203回 アパートの外部空間 西川美波(3年) 第202回 賃貸アパートの情報発信 高橋佑介(大学院博士前期課程1年) 第201回 伝統家屋の魅力 武田亜輝士(3年) 第200回 ショートケーキハウス 内藤希(3年) 第199回 建築と設備の増設 櫻庭修子(4年) 第198回 小さなポケットパーク 西川美波(3年) 第197回 ガラスの塀 武田亜輝士(3年) 第196回 歩道の中央にある電柱 池羽七海(4年) 第195回 鉄骨の見えるマンション 宮代孟昌(1年) 第194回 建物と植物の共生 武田亜輝士(3年) 第193回 海岸沿いの新しい景色 金子信孝(1年) 第192回 景観と安心をつくる 朽方勇祐(1年) 第191回 駅近の低層集合住宅 蓜島三弥(1年) 第190回 空き地の管理 櫻庭修子(4年) 第189回 省エネ住宅のたたずまい 武田亜輝士(3年) 第188回 過密市街地のオープンスペース 西川美波(3年) 第187回 雁行型マンション 佐藤寿哉(3年) 第186回 地下通路のマネジメント 高橋佑介(大学院博士前期課程1年) 第185回 DIYの体験 櫻庭修子(4年) 第184回 街に寄与するゴミ置き場 西田一輝(3年) 第183回 河川歩道の管理 武田亜輝士(3年) 第182回 外構の提供 内藤希(3年) 第181回 低層住専地域のマンション 佐藤寿哉(3年) 第180回 柱と梁が見える住宅 内藤希(3年) 第179回 角地の駐車場 武田亜輝士(3年) 第178回 お洒落な隠れ家 西川美波(3年) 第177回 木造の公共建築物 佐藤寿哉(2年) 第176回 先駆的な住宅地のいま 熊崎瞬(4年) 第175回 最有効使用を考える 福田大也(2年) 第174回 角地にあるオシャレな住宅 及川成美(2年) 第173回 入れない公園 藤本悠介(2年) 第172回 オシャレな屋根 武田亜輝士(2年) 第171回 避雷針のある風景 池羽七海(3年) 第170回 住宅街の二段式カーポート 西川美波(2年) 第169回 錆びた階段 田向雄一(4年) 第168回 イタリアに学んだこと 渡邉継一郎(4年) 第167回 幹線道路沿いの土地利用 佐藤寿哉(2年) 第166回 エントランスのバリアフリー化 西田一輝(2年) 第165回 土地分割による複数住宅 西川美波(2年) 第164回 タワーマンションのくらし 内藤希(2年) 第163回 資材置き場の防災 井部周斗(4年) 第162回 囲障の設置 熊崎瞬(4年) 第161回 飛騨高山の街並み 西田一輝(2年) 第160回 地下の駐輪場 佐藤寿哉(2年) 第159回 不動産の範囲 渡邉継一郎(4年) 第158回 街にあふれる落書き 今川知治(4年) 第157回 高架下の可能性 池羽七海(3年) 第156回 太陽光発電による土地利用 岡部将史(4年) 第155回 スーパー防犯灯の効果 川本和輝(2年) 第154回 倉庫建物の継続利用 高橋佑介(4年) 第153回 自転車走行指導帯 熊崎瞬(4年) 第152回 ガイドウェイバス 今川史野(3年) 第151回 ビル管理の仕組み 渡邉継一郎(4年) 第150回 空間を透視する 池羽七海(3年) 第149回 住宅の駐車場と街並み 西川美波(2年) 第148回 都市の隙間 岡部将史(4年) 第147回 大きな階段 高橋佑介(4年) 第146回 区分された駐車場 井部周斗(4年) 第145回 増改築のしくみ 西田一輝(2年) 第144回 第一種低層住専地域の規制緩和 渡邉継一郎(4年) 第143回 角地の土地利用 田向雄一(4年) 第142回 ミニ開発と土地利用 佐藤寿哉(2年) 第141回 下駄履き駐車場 今川知治(4年) 第140回 1階が低いアパート 藤牧和沙(2年) 第139回 隅切りの活用 高橋佑介(4年) 第138回 店舗併用住宅 岡部将史(4年) 第137回 坂の多い住宅地 池羽七海(3年) 第136回 広い駐車場と危ない玄関 西田一輝(2年) 第135回 コストをどこにかけるのか 井部周斗(4年) 第134回 長屋 熊崎瞬(4年) 第133回 原点としての日本橋 川本和輝(2年) 第132回 身近なモノの裏事情 櫻庭修子(3年) 第131回 超高齢社会の踏切 井部周斗(4年) 第130回 屋外広告物の規制 西田一輝(2年) 第129回 韓国の不動産事情 池羽七海(3年) 第128回 公開空地がもたらす安全性 佐藤寿哉(2年) 第127回 特例容積率適用地区の容積移転 岡部将史(3年) 第126回 オンサイトマネージャー導入への一歩 木下さわこ(大学院博士前期課程2年) 第125回 連坦建築物設計制度による容積移転 川本和輝(1年) 第124回 商業施設の竪穴区画 西田一輝(1年) 第123回 共同ビルによる価値の創造 渡木将也(3年) 第122回 住宅地の緑道について 今川知治(3年) 第121回 洗い出し仕上げ 岡部将史(3年) 第120回 賃貸住宅の再生 藤牧和沙(1年) 第119回 遊戯施設の安全性 渡邉継一郎(3年) 第118回 下駄履きマンション 今野大輝(1年) 第117回 プライバシーが筒抜けの住居 井部周斗(3年) 第116回 人にやさしい観光スポット 桜庭修子(2年) 第115回 震災後の取り組み 川本和輝(1年) 第114回 渋谷駅の再開発 岡部将史(3年) 第113回 神田神保町のビルの階高 森田愛理(4年) 第112回 超高層ビルとエレベーター 西田一輝(1年) 第111回 バスターミナルに至る小径 井部周斗(3年) 第110回 空調室外機の置き方 田向雄一(3年) 第109回 地下に設ける地上権 小野史奈(4年) 第108回 若者のセカンドハウス 渡邉継一郎(3年) 第107回 ケンブリッジの街づくり 熊崎瞬(3年) 第106回 第二東京湾岸道路の用地 岡部将史(3年) 第105回 トレーラーハウスの店舗 川本和輝(1年) 第104回 戸建て住宅の駐車スペース 西田一輝(1年) 第103回 マンション1階の個別玄関 岡部将史(3年) 第102回 銅版を使った瓦屋根 佐藤寿哉(1年) 第101回 被災地復興と地域経営 大田茉莉奈(2年) 第100回 不動産学の原点は「自然と人」 森田愛理(4年) 第99回 アパートがもたらす影響 渡邉継一郎(3年) 第98回 機械式駐車場について 今川知治(3年) 第97回 超高層マンションの大規模修繕 森田愛理(4年) 第96回 残念なアパート 山崎映里(2年) 第95回 使えない物干し金具 高橋佑介(3年) 第94回 心安らぐエントランスとは 桜庭修子(2年) 第93回 日射をコントロールする住宅 森田愛理(4年) 第92回 空き家問題 熊崎瞬(3年) 第91回 突っ込み私道の住環境 田向雄一(3年) 第90回 緑を排除した建て替え 井部周斗(3年) 第89回 住宅地の中の工場 渡邉継一郎(3年) 第88回 敷地と建物が高めあう魅力 岡部将史(3年) 第87回 建物らしくない建物 池羽七海(2年) 第86回 アパート建築 外廊下の庇 岡部将史(2年) 第85回 観光客に優しい地下通路 木下さわこ(大学院博士前期課程2年) 第84回 ハワイのコンドミニアム 西浦亘太(大学院博士前期課程2年) 第83回 敷地と建物のバランス 大田茉莉奈(2年) 第82回 空き家問題について 今川知治(3年) 第81回 間伐材を用いた液状化対策 高橋佑介(3年) 第80回 境界標設置による紛争予防 渡邉継一郎(3年) 第79回 デザインされた樋 熊崎瞬(3年) 第78回 橋が高める街の魅力 山崎映里(2年) 第77回 住民主体の住宅地 西浦亘太(大学院博士前期課程1年) 第76回 板張りの住宅 岡部将史(2年) 第75回 雨戸の多面的役割 垣田将吾(4年) 第74回 環境に配慮した立体駐車場 今川知治(2年) 第73回 住宅街の電波塔 渡邉継一郎(2年) 第72回 一棟の建物を明確に 小高俊樹(4年) 第71回 植栽が生む資産価値 池羽七海(1年) 第70回 高速道路の緩衝帯 大田茉莉奈(1年) 第69回 ベランダの機能と形 熊崎瞬(2年) 第68回 マンションのアクセス 高橋佑介(2年) 第67回 敷地内電柱設置による景観美化 井部周斗(2年) 第66回 マンション地域の戸建て 今川知治(2年) 第65回 英国のゼロカーボン住宅 森田愛理(3年) 第64回 お洒落なバス停 賈宏璠(3年) 第63回 オンサイトマネージャーの試み 木下さわこ(大学院博士前期課程1年) 第62回 英国ケンブリッジの再開発 石原颯人(3年) 第61回 街と繋がる大学 西浦亘太(大学院博士前期課程1年) 第60回 店舗の日よけ 井部周斗(2年) 第59回 マンションのエントランス 渡邉継一郎(2年) 第58回 道路上のゴミ出し場 高橋佑介(2年) 第57回 競売不動産の表示 今川知治(2年) 第56回 壁面緑化 今川史野(1年) 第55回 道路のバリアフリー 山崎映里(1年) 第54回 コンテナによる土地活用 熊崎瞬(2年) 第53回 緊急時のライフライン 大田茉莉奈(1年) 第52回 物足りないアパート 岡部将史(2年) 第51回 住宅の屋根 小野史奈(3年) 第50回 集合住宅のエントランス 垣田将吾(4年) 第49回 品位を汚す広告 木下さわこ(大学院博士前期課程1年) 第48回 トタン張りの家 熊崎瞬(2年) 第47回 隣地境界線と建物の関係 森田愛理(3年) 第46回 交差点の隅切り 今川知治(2年) 第45回 増築時の法令順守 渡辺継一郎(2年) 第44回 覆われた外階段 垣田将吾(4年) 第43回 マンションと街並み 山崎映里(1年) 第42回 大規模マンションの建物配置 高橋佑介(2年) 第41回 自走式駐車場 井部周斗(2年) 第40回 敷地内電線地中化への投資 桜庭修子(1年) 第39回 マンションのアイデンティティ 今川史野(1年) 第38回 シンボルロードの再生 岡部将史(2年) 第37回 「シェア」が大好きな時代 西浦亘太(大学院博士前期課程1年) 第36回 アスベスト情報の開示 大田茉莉奈(1年) 第35回 屋上の機能と美観 熊崎瞬(2年) 第34回 戸建て住宅地の管理 小高俊樹(4年) 第33回 密集市街地のアパート 高橋哲也(4年) 第32回 塀と植栽の景観の違い 高橋渓(4年) 第31回 イタリアの道 木下さわこ(大学院博士前期課程1年) 第30回 土地と建物の関係 森田愛理(3年) 第29回 無電柱化による都市の進化 垣田将吾(4年) 第28回 建物の用途と外観 松本和真(大学院博士前期課程2年) 第27回 賃貸住宅の屋外洗濯機置き場 西浦亘太(大学院博士前期課程1年) 第26回 通行止めの道路 冨山大貴(4年) 第25回 交通事故多発地域に打開策 森田愛理(2年) 第24回 塞がれた非常口 木下さわこ(4年) 第23回 マンションの外階段、内階段 久田高央(3年) 第22回 平側と妻側 川添緋那子(4年) 第21回 埋立地の墓地公園 林邦人(4年) 第20回 街中で目立つ自販機 冨山大貴(4年) 第19回 都市の豊かさ示す緑 西浦亘太(4年) 第18回 ゴミ置き場 座安立(4年) 第17回 斜線制限 垣田将吾(3年) 第16回 玄関ドアの素材 木下さわこ(4年) 第15回 ベランダ 冨山大貴(4年) 第14回 銭湯とコミュニティ 髙橋渓(3年) 第13回 狭あい道路と塀 染谷洋樹(4年) 第12回 高架下を利用したまちづくり 西浦亘太(4年) 第11回 戸建て風アパート 松本和真(大学院博士前期課程1年) 第10回 露出配管 垣田将吾(3年) 第9回 錆びた郵便受け 木下さわこ(4年) 第8回 コモンスペース 冨山大貴(4年) 第7回 越境 小高俊樹(3年) 第6回 震災復興と不動産 座安立(4年) 第5回 行く手を阻む袋小路をどうする 染谷洋樹(4年) 第4回 都営団地の立ち退き問題と高齢者 木下さわこ(4年) 第3回 高圧送電線の影響と地価 林邦人(4年) 第2回 木々のアーケードと土地所有権 垣田将吾(3年) 第1回 建築基準法の接道義務と建築 冨山大貴(4年)

株式会社住宅新報社「住宅新報web」
その他の記事、購読の案内等はこちらから

戻る